ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

早大推薦入試に九州枠 今秋から10人程度

2017年01月11日 13時17分 更新

記者:野村創


  • 会見する早稲田大学の橋本周司副総長(右)=11日午前11時ごろ、北九州市役所

 早稲田大学の橋本周司副総長は11日、北九州市役所で記者会見し、今秋実施する2018年度の基幹理工学部(定員535人)の推薦入試から、北部九州と山口県を中心にした高校生に限定した特別枠(10人程度)を設けると発表した。北九州学術研究都市=同市若松区=にある同大大学院のキャンパスで面接試験を行う。

 同大によると、対象は大学側が指定する約30の高校が推薦する生徒。入学後は東京で3年間学び、学部4年から大学院までの専門教育を同市のキャンパスで受けることが前提となる。

 学部途中で地方に戻ることを前提とした入試は全国の大学で初めての試みといい、学生の地元就職にもつなげる狙い。同大では地方出身の学生が年々減っており、橋本副総長は「優秀な学生を育て、地元に戻して地方に貢献するとともに、地方出身の人材を集めることで大学の多様性の確保にもつなげたい」と述べた。

 同大は03年、首都圏以外で唯一のキャンパスとして同市に大学院情報生産システム研究科を開設。情報技術関連の研究・教育を行っている。昨年5月現在で約400人が在籍し、うち9割を留学生が占めている。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?
グローバル(韓国)人材採用イベント開催!

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事