ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

オバマ大統領、最後の演説 相違超え民主主義維持を

2017年01月12日 03時00分 更新


  • 10日、米シカゴでの演説で涙を拭うオバマ米大統領(AP=共同)

 【ワシントン山崎健】20日に退任するオバマ米大統領は10日夜(日本時間11日午前)、2期8年の任期を締めくくる国民向けの最後の演説をシカゴで行った。移民やイスラム教徒に対する排斥主義的な主張を掲げる共和党トランプ次期大統領への政権交代を前に「民主主義の維持には、相違を超えて結束することが重要だ」と訴えた。

 歴代大統領恒例の「お別れ演説」は通常はホワイトハウスで行われてきたが、オバマ氏は、弁護士として貧困層救済に当たるなど、自身の政治活動の原点であるシカゴでの演説を希望。ミシェル夫人やバイデン副大統領夫妻も同席した。

 2008年大統領選で「チェンジ(変革)」を訴え、黒人初の米大統領に選ばれたオバマ氏は「普通の人たちが物事に参加し、結束した時に変化は起こることを学んだ」と振り返り、「今もそのことを信じている。米国はよりよく、強い国になった。私をより優れた大統領にしてくれた」と国民への謝意を述べた。

 8年間の成果として、金融危機で悪化した失業率の改善や医療保険制度改革法(オバマケア)の実現、キューバとの国交回復やイラン核合意などを列挙。トランプ氏の台頭を念頭に、国内で顕在化する少数派に対する差別への懸念を表明するとともに「米国は(移民など)新参者によって弱まることはなかった。彼らは米国の教義を受け入れ、それを強化している」と多様性こそが米国の伝統的な強みだと強調した。

 一方、「民主主義は、当然視した時に脅かされる」と、民主主義堅持に取り組むよう国民に促し、米国がその価値観を持ち続ける限り「国際社会でのロシアや中国の影響力は、米国に及ばない」と断じた。

 支えてくれたミシェル夫人をたたえた際はハンカチで涙を拭う場面も。最後に「あなたたちには変革を可能にする力があると信じてほしい」と呼びかけ、「イエス・ウィー・ディド(私たちは成し遂げた)、イエス・ウィー・キャン(私たちはできる)」。大統領選のスローガンだった、この言葉で50分を超える演説を終えると、約2万人の聴衆から喝采が湧き起こった。

   ◇   ◇

母校の小学校も退任惜しむ声 インドネシア

 【ジャカルタ共同】オバマ米大統領がインドネシアで過ごした幼少時代に通った首都ジャカルタ・メンテン地区の第1小学校では、オバマ氏が任期最後の演説を行ったジャカルタ時間の11日、退任を惜しむ声が上がった。

 同校5年の女子児童、ナイラ・アリヤさん(10)は「努力して大統領になった初めての黒人で、偉大な人だと思う。オバマ大統領と同じ学校に通うことができて、とてもうれしい」と話した。オバマ氏は母親の再婚相手がインドネシア人だったことから、1967年から約4年間、ジャカルタで過ごし、第1小には69年から71年まで通った。










全国経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?
グローバル(韓国)人材採用イベント開催!

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事