ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

エフコープが正規職員も定年70歳に 対象2000人、その狙いは?

2017年02月17日 03時00分 更新

記者:岡部由佳里


  • 配送車に食料品などを詰め込む「エフコープ生協」の従業員たち=福岡市内

 エフコープ生活協同組合(福岡県篠栗町)が4月1日から、正規職員と介護事業専門職員、パート職員の計約2千人を対象に、現在65歳の定年を70歳に引き上げることが16日分かった。70歳定年はマックスバリュ九州(福岡市)などがパート社員を対象に実施しているが、正規職員に適用する例は全国でも珍しい。

 年金の財源が厳しさを増す中、年金の受給資格年齢引き上げを見越して長く働ける環境を整える。宅配スタッフや店舗のパート職員などの確保が難しくなりつつあり、人材を確保する狙いもある。エフコープは「新しい社会のモデルケースになるよう実施していきたい」と話している。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事