ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

温泉熱でパプリカ栽培 九州最大、オランダの手法導入 九重町で建設業子会社

2017年03月18日 03時00分 更新

記者:西山忠宏


  • 栽培室で、電動で高所にも伸びる作業台に乗って仕事をするタカヒコアグロビジネスの社員=2月、大分県九重町

  • タカヒコアグロビジネスが設置したパプリカ生産のガラスハウス

 温泉熱と高度な環境制御技術を利用して、パプリカを生産する大規模園芸施設が大分県九重町で稼働している。施設の随所に、園芸先進国であるオランダの手法を導入。栽培面積は2・4ヘクタールで年間400トンの出 ...










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事