ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

対北朝鮮「忍耐終わった」 米韓外相会見「あらゆる措置検討」

2017年03月18日 03時00分 更新


  • 共同記者会見を終え、ティラーソン米国務長官(左)と握手する韓国の尹炳世外相=17日、ソウルの韓国外務省(共同)

 【ソウル曽山茂志】ティラーソン米国務長官は17日、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相との共同記者会見で、核・ミサイル開発を積極化する北朝鮮について「戦略的忍耐という政策は終わった」と明言、「軍事衝突は望んでいないが、北朝鮮がこれ以上米韓を脅かす行動を続ければ、対応する適切な措置をとる」とけん制した。

 ティラーソン氏は米本土を狙う大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を進め、新たな核実験の兆候もみせる北朝鮮を「東アジアだけでなく、米国や全世界の脅威になった」と批判。北朝鮮の非核化に向け、同盟国の日韓と連携して「外交、安全保障、経済といったあらゆる措置を検討する」と表明した。国連安全保障理事会の経済制裁についても「最高レベルとはいえない」と述べ、さらに強化できるとの見方を示した。

 北朝鮮対応で在韓米軍に配備する計画の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の必要性も改めて主張。配備に反対する中国の韓国への報復的な対応を「不要なことで、とても残念だ。自制を促したい」と述べた。

 一方、尹氏は北朝鮮の動きを「過去とは次元が異なる差し迫った脅威だ」と強調。その上で「外交と安保政策は一貫性が重要だ」と述べ、韓国の政権が代わってもTHAAD配備が進められるとの見方を示した。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事