ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP >記事

わが社の人財戦略

一覧ページへ

年3〜4回の研修で人材育成に力 ヤマエ久野(Q&Aと動画付き)

2017年04月18日 03時00分 更新

記者:根井輝雄


  • 高尾英樹(たかお・ひでき)執行役員人事部長

  • ヤマエ久野のロゴマーク

高尾英樹(たかお・ひでき)執行役員人事部長

 企業同士をつなぐ卸売業で、社名になじみが薄いのが悩みだ。全国展開しているが、九州での売り上げが8割を占める。このため昨年10月、新たに関西支社(大阪府)と東京支社を設けた。関西や東京は伸びる余地がある。採用活動でも、説明会を東京と大阪で毎年開催。九州へのUターン希望者が多いが、最近は九州外の出身者が入社している。少しずつ全国に浸透していきたい。

 食品を中心に事業分野は幅広い。そこで求める人材は「失敗してもいいから、やらないよりやった方がいい」とチャレンジ精神を持っている人だ。

 入社後の研修は充実している。福岡市内の研修センターで階層別や部門別に研修を行っており、どんな部門でも年3、4回の研修がある。センターの日程がほぼ埋まっている状況だ。

 4月1日段階で社員数は初めて千人を超えた。3年後の創立70周年に向けて皆で頑張りたい。

■■■

これがわが社の人財活用術だ
qBizが聞きたい7つの質問

※回答は高尾氏。ベテラン社員の動画「仲間になるあなたへの伝言」付き

 (1)即内定!ぜひ会社に迎えたい人材とは?

 チャレンジ精神を持って最後までやり遂げる人。当社は「やらないより、やって失敗してもいい」「敗者復活もある」という文化がある。営業はチームで動くため協調性は必要だが、とにかく動ける人材を求めている。

 (2)採用活動で一番の悩みは?

 中間流通業なので、社名になじみが薄い。全国に展開しているが、九州での売り上げが8割。九州外の売り上げも増やそうと、昨年10月に大阪府に「関西支社」を、東京に「東京支社」を設けた。関西や東京は伸びる余地がある。

 人事面でも、会社説明会を東京と大阪で毎年開いている。九州へのUターン希望者が多いが、最近は東京や大阪の出身者がぽつぽつ入社するようになった。少しずつ全国に浸透していければと考えている。

 (3)いま会社として一番忙しいことって何ですか?

 昨年、いんま商事(福岡県粕屋町)を子会社に迎え入れた。菓子の卸売業を展開している。これまで当社は、加工食品や日配品はあったが、菓子を扱っていなかった。これで食品をフルラインアップで提案できる。

 住宅の方は、グループで木材プレカット加工を手掛けるワイテック(福岡市)が、4カ所目の工場を沖縄に建設した。沖縄では戦後、米軍の影響でコンクリート住宅が主流だったが、最近は木造が見直されている。

 (4)10年後、あなたの会社はどうなっている?

 まずは3年後を目指している。本年度からの3カ年計画で、連結売上高5000億円(2016年3月期は3687億円)を目指している。当社は1950年設立で、3年後は70周年。グループ全体で目標を高く掲げて頑張りたい。

 (5)社員の能力開発、スキルアップのために取り組んでいることは?

 さまざまな研修を行っている。新入社員は入社直後から1カ月間の合宿研修。その後も3年間は年1回集めて研修している。福岡市東区名島に研修センターがあり、新入社員から退職間際の人も含め、どの部門でも年3、4回の研修がある。名島のセンターはスケジュールがほとんど埋まっている。

 (6)同業他社と比べた場合、あなたの会社の売りは何ですか?

 部門が多くあること。グループに菓子も加わり、冷蔵・冷凍食品、原料、家畜やペットのえさ、住宅まである。昨年4月には海外事業部を立ち上げた。東南アジアと欧州で、輸出と輸入双方を展開したい。

 (7)「働き方改革」やってますか?

 取引先には24時間開いている店もあり、当社が一方的にとはいかないが、残業を減らすよう毎月チェックしている。業務フローの見直しも始めた。物流センターの機械化も進めている。待遇改善では、ベアを3年連続で実施した。今年は一般職を厚めにしている。少しでも働きやすい環境をつくっていいきたい。

 ※ヤマエ久野のホームページはこちら

ヤマエ久野
 食品などの卸売りを展開。本社福岡市。1950年設立。2016年3月期連結決算の売上高は3687億円。生鮮食品や酒類、飼料、住宅資材も取り扱う。昨年秋に菓子卸売業のいんま商事(福岡県粕屋町)を子会社化し、食品のラインアップが充実。昨年4月には海外事業部を立ち上げ、レトルト食品の輸入なども手掛けた。グループ全体の従業員数は2138人(昨年3月末)。









最新記事一覧



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事