ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

修治の大人の相談室 R25

一覧ページへ

Q)長年通っていた喫茶店が閉店しました。中年の憩いの場を教えてください。

2017年06月01日 03時00分 更新

記者:中村修治氏


  • 中村修治氏(なかむら・しゅうじ) キナックスホールディングスとペーパーカンパニーの代表取締役社長。1986年、立命館大卒。94年、福岡で独立。大手広告代理店のブレーンにもなる戦略プランナー。Good不動産やJR博多シティのネーミングなども手掛けた。企業顧問や福岡大非常勤講師も。ネット上でコラムを書くと数万のアクセスを荒稼ぎ。フェイスブックでは、毎月15000いいね以上を獲得。

【相談内容】

(ペンネーム:ルイージ/37歳男性/既婚/返答モード:ハード/アダルト返答:可)

 長年通っていた喫茶店が閉店してしまいました。高くも安くもない価格、美味くも不味くもないコーヒー、話しかけてこないけど話しかけると相手してくれるマスター。すべてが完璧でした。仕事や家庭から距離を置きたいとき、一人でその喫茶店に行って無音のテレビをなんともなしに眺め、新聞を開くだけ開いて読まず、ときにはスラムダンクの山王戦を読み返し、ぬるくなったコーヒーを飲みながらぼけーっとするのが最高の休息でした。そんな憩いの場が閉店。

 行き場を失った私は街を彷徨いましたが、どうにもしっくりくる居場所が見つかりません。オシャレカフェにはOLが、ファストフード店には若者が、星乃珈琲には老人がこれでもかと陣取っており、中年の私はザリガニのように隅っこに追いやられてしまいます。なぜ普通の喫茶店が見つからないのか。中年の我々はどこで憩えばいいのか。公園のベンチに一人座って、焦点を合わさずに缶コーヒーを飲めというのか。ノン!

 というわけで、中年にしっくりくる憩いの場を教えてください。わりと本気で困っています。よろしくお願いします。

【修治の回答】

 もっと稼ぎなさい。もっと働きなさい。

 厚生労働省の平成28年の調査によると、全国のホームレスの数は、6,235人。そのうち男は、5,821人。実に93%です。男というのは、すぐに居場所をなくす生き物です。


 生物学的に言うと子孫を残したら男の役目というのは、そこで終わりです。なんの意味もないのです。でも、人間は、やけに脳が発達しました。社会というものを作って、そこに居場所を用意することによって、みんなで成長しようとしたのです。


 でも、やっぱり男です。役割を終えた生き物は、とてもつながりにくいのです。つながる意味が希薄だからですね。だから、家にいても、カフェにいても孤独と戦うことになります。なんの役割もない自分の居場所を探そうとします。


 結論から言いますと・・・






コラム 悩み相談室の最新記事

そもそもqbizとは?

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事