ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

九電が宮崎北部の3ダム改修 大雨時の土砂堆積を抑制へ

2017年06月21日 03時00分 更新

記者:後藤潔貴


  • 改修工事後、通砂運用される山須原ダムの完成予想図。新設される排水ゲート(中央)は旧来のゲート(左右各3門)より高さが9メートル下げられる(九電提供)

  • 通砂運用を開始する西郷ダム。新設された排水ゲート(中央の2門)は旧来ゲート(左右各2門)より高さが4メートル下げられた(九電提供)

 九州電力は今夏から、大雨を伴う台風時に発電用ダムに新たな土砂が堆積しないようにする「ダム通砂運用」を宮崎県北部の耳川で始める。大雨前にあらかじめダムの水位を下げ、増水した河川水がダム内を本来の川のよ ...










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事