ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

ミトコンドリアの不活性体「選別」 久留米大チームが仕組み解明

2017年07月02日 03時00分 更新

記者:山口新太郎

 久留米大分子生命科学研究所の石原直忠教授らのグループは、細胞内で生命活動に必要なエネルギーをつくる小器官「ミトコンドリア」について、細胞内の健康を維持するため、活性を失ったミトコンドリアだけを選別する仕組みを解明したと発表した。英国の科学誌「ネイチャーセルバイオロジー」電子版に6月20日、掲載された。

 健康維持への応用に期待

 ミトコンドリアは、融合と分裂を繰り返し、ダイナミックに動きながら働いている。機能低下したミトコンドリアは分裂し、自食作用(オートファジー)で分解され、健康なミトコンドリアだけを維持している。

 今回、研究グループは蚕を使い、ミトコンドリアを融合させる酵素「OPA1」の大量生成に初めて成功。このOPA1と人工膜を使って試験管内で融合反応を再現し、解析したところ、膜成分「カルジオリピン」がOPA1のパートナーとして、融合に関わっていることが分かった。

 研究グループによると、二つのミトコンドリアのうち、一方の膜にOPA1があると、もう一方の膜のカルジオリピンと結合、OPA1が活性化し、二つのミトコンドリアの融合に導かれていた。

 一方で、ミトコンドリアの活性が低下し、OPA1とカルジオリピン両方が機能を失うと、融合ができなくなり、最終的にオートファジーで排除されることが分かった。

 ミトコンドリアの異常が、心疾患や神経変性疾患など、さまざまな病気に関わっていることが明らかになっている。石原教授は「今回の研究成果を応用して、体の中のミトコンドリアを健康に維持する新たな手法の開発が期待される」と話した。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事