ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

福岡スタイル

一覧ページへ

新戦略は「ハチ」と「コメ」 岩田屋三越が挑む「百貨店×農業」の収穫は?

2017年07月12日 03時00分 更新

記者:木村貴之


  • 福岡三越屋上でミツバチの世話をする社員ら。養蜂技術は蜂蜜専門店「ラベイユ」のスタッフ(右)が指導している

  • 福岡三越屋上の養蜂場で、巣箱の巣板に群がるミツバチ。防護服姿で間近に眺めると、その“働き者ぶり”がよく分かる

  • 福岡市・天神の警固公園の花壇に咲く色とりどりの花。福岡三越(奥)のミツバチの貴重な蜜源になっているかもしれない

 福岡市・天神で岩田屋本店と福岡三越の2百貨店を運営する「岩田屋三越」(福岡市)が、農業に取り組んでいる。都心のビル屋上を生かしてミツバチを飼育する「都市養蜂」と、棚田でコメを作る稲作。同好会や業者への委託事業ではなく、社員自ら“生産者”となって汗を流す。蜂蜜とコメは今秋販売する計画だが、目指す収穫はそれだけではない。

 ■実は豊かな都市部の蜜源で

 養蜂場は地上55メートルの福岡三越(9階建て)の屋上にある。博多港や都市高速を含む市街地一帯を見渡せる北側の一角。3段重ねの巣箱が5つ並び、「ブーン…」とうなる無数の羽音が聞こえる。飼育しているセイヨウミツバチは、推計15万匹に上る。

 屋上に緑地はない。ハチが目指すのは巣箱から3キロ圏内の街路樹や公園緑地だ。通り沿いにある木立や花壇のほか、舞鶴公園や西公園、大濠公園、市植物園まで飛んでいき、蜜を集めるという。

 6月のある日。午前中、養蜂場では男女4人がハチの世話をしていた。コンクリートの床に日差しが注ぎ、ネット帽に白い防護服姿の4人に反射する。

 無数のハチが飛び交う中で作業するのは、3月に地下食品売り場の社員らで結成した「福岡天神みつばち部」(10人)の部員たちだ。5日に1度、巣箱を開いてハチの健康状態や蜜の集まり具合を調べ、蜜がたまる巣板(1箱に9枚)を丁寧に手入れする。

 養蜂技術を指導するのは、福岡三越常設の蜂蜜専門店「ラベイユ」。当初、部員の大半はハチが苦手だったが、やがてハチが群がる巣板に顔に寄せてのぞいたり、気が立った群れを薫煙で鎮めたりできるようになった。

 「この子、すごく元気」「かわいい」―。この日、当番だった新入社員の北川夏帆さん(23)と入社2年目の大隈早弥可さん(23)はすっかり慣れた様子でハチを見守った。


福岡三越屋上でミツバチの世話をする社員ら。養蜂技術は蜂蜜専門店「ラベイユ」のスタッフ(右)が指導している
福岡三越屋上の養蜂場で、巣箱の巣板に群がるミツバチ。防護服姿で間近に眺めると、その“働き者ぶり”がよく分かる
福岡市・天神の警固公園の花壇に咲く色とりどりの花。福岡三越(奥)のミツバチの貴重な蜜源になっているかもしれない
炎天下、防護服の蒸し暑さに耐えながら丁寧にミツバチの世話をする「福岡天神みつばち部」のメンバー
巣箱の手入れを終えた大隈早弥可さん(左)と北川夏帆さん。「天神で作る特別な蜂蜜。真心を込めてお届けしたい」
大小の島々が浮かぶ伊万里湾を一望し、千枚超の棚田が広がる絶景で観光名所になっている「大浦の棚田」
炎天下に棚田の狭いあぜに腰をかがめ、蒸し暑さと闘いながら草取り作業に精を出す岩田屋三越の社員ら
近所の農家が社員らに届けたビワの差し入れ。レジ袋いっぱいに詰められ、甘い香りがあふれていた
休憩時間、差し入れのビワにかじりつく社員ら。草刈り作業で汗だくになり乾いたのどを、みずみずしい甘みが潤す
巻き尺を取り出し、苗の丈を測る石松瑞樹さん。「すごい。もう60センチまで育ってる!」
「大浦の棚田」で収穫されたコメは9月上旬、岩田屋本店(写真)と福岡三越で販売される









特集 qレポートの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事