ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

2017九州豪雨

一覧ページへ

「ゆふいんの森」再開 久大線一部不通 小倉、大分経由に

2017年07月15日 22時37分 更新

記者:岡部由佳里


  • JR九州の関係者が見送る中、博多駅を出発する「ゆふいんの森」=15日午前8時45分ごろ、福岡市博多区

 九州豪雨の影響でJR久大線の一部区間が不通となり、運休していた観光列車「ゆふいんの森」(博多−由布院)が15日、小倉、大分を経由する代替ルートでの運行を始めた。夏の行楽シーズンに向け、由布院観光を後押しする。

 福岡県久留米市と大分市を結ぶ久大線は大分県日田市の鉄橋が流失して、うきは(福岡県うきは市)−日田が不通となった。5日夕から運休していた「ゆふいんの森」は、1日2往復で運行を再開。従来の所要時間は約2時間10分だが、遠回りするため4時間半から6時間弱かかる。

 代替ルートの1番列車は8割以上の席が予約で埋まった。午前8時45分、博多駅ホームで手を振る駅員らに見送られ、出発した。

 乗車した横浜市の高橋雅之さん(65)は「観光にとってプラスになる。時間はかかるけど、逆にゆふいんの森を長い時間楽しめますね」と笑顔を見せた。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事