ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

2017九州豪雨

一覧ページへ

避難指示全て解除 新たに4遺体の身元判明

2017年07月16日 03時00分 更新


  • 土砂が流れ込んだ福岡県東峰村の民家で作業にあたる同県須恵町の須恵高バレー部の生徒=15日午後1時47分(撮影・梅沢平)

 3連休の初日となった15日、記録的豪雨に見舞われた福岡県朝倉市や東峰村、大分県日田市などには、災害復旧のために約3千人のボランティアが駆け付けた。東峰村と日田市は同日、罹災(りさい)証明書の発行に必要な家屋被害調査を開始。日田市の一部地域に出されていた避難指示は解除され、福岡、大分両県の避難指示区域は全てなくなった。

 福岡県によると、朝倉市の死者のうち4人は、杷木志波の坂本俊一さん(76)▽杷木林田の坂本ヨリ子さん(89)▽杷木星丸の本河くに子さん(59)▽杷木志波の桜木トシ子さん(86)−と新たに判明した。死者は福岡、大分両県で32人、安否不明者は福岡県に10人おり、自衛隊や警察などが捜索を続けている。

 15日に被災地を訪れたボランティアは、朝倉市1497人▽東峰村577人▽日田601人▽添田町121人−など。近隣のほか熊本地震の被災地や東京などからも駆け付け、炎天下、被災者宅に流れ込んだ土砂をかき出す作業などに当たった。

 東峰村と日田市の職員らは同日、公的支援金などを申し込む際に必要な罹災証明書の発行に向け、被災家屋の浸水の程度や損壊状況を調べた。15日時点で罹災証明書の申請件数は東峰村95件、日田市549件。朝倉市では被災規模が大きいため、家屋被害調査の見通しは立っていないという。

 日田市で避難指示が解除されたのは、土砂崩れによってできた「土砂ダム」で12日まで孤立状態だった日田市の小野地区と大鶴地区。市によると、土砂災害危険箇所の監視態勢が整ったことなどから「避難準備・高齢者等避難開始」情報に引き下げた。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事