ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP >就職採用 >記事

わが社の人財戦略

一覧ページへ

顧客の立場で考え、行動できる人材を 南陽(Q&Aと動画付き)

2017年08月08日 03時00分 更新

記者:根井輝雄


  • 篠崎学(しのざき・まなぶ)取締役管理本部長兼経営企画室長

  • 南陽の本社ビルと看板

篠崎学(しのざき・まなぶ)取締役管理本部長兼経営企画室長

 新卒社員の採用活動は、大手企業とほぼ同じ日程で行っている。このため内定後の辞退も想定する必要があり、採用人数を読みづらい面はある。しかし当社は風通しがいい社風で、社員の離職率が低く、毎年5〜6人の少数採用を続けている。

 入社後は、昇格試験の際に通信教育の受講を義務付けている。会計やマネジメントなどの知識を習得してもらい、論文や面接と合わせて評価する仕組みだ。研修では、社外の講師を招き、営業スキルを磨くなどの研修を行っており、社員はほぼ3年ごとに参加している。

 少子高齢化による労働力不足が続き、工場などではロボットを含め自動化に向けた設備投資が活発になっている。総合機械商社として、商品や部品の供給でお客さまの立場になって考え、課題を解決することが必要。このため、バイタリティーとハートのある人材を求めている。

■■■

これがわが社の人財活用術だ
qBizが聞きたい7つの質問

※回答は篠崎氏、動画「仲間になるあなたへの伝言」出演は人事総務グループ課長代理の小田聖子さん。

 (1)即内定!ぜひ会社に迎えたい人材とは?

 バイタリティーとハートのある人。商社マンなのでコミュニケーション能力はもちろん必要だが、お客さまの立場になって考えることができ、お客さまの課題を解決するために熱意を持って取り組める人を求めている。

 (2)採用活動で一番の悩みは?

 売り手市場が続く中、大手企業とほぼ同じ日程で採用活動を行っているため、内定後の辞退も想定する必要があり、最終的な採用人数を読みづらいのが悩みではある。しかし当社は、採用後に離職者が出ないよう大切に社員を育てていく風土がある。新卒社員の離職率も低いため毎年5〜6人の少数採用を実施している。最近は当社への志望度が高い学生が多くなっており、心強く感じている。

 (3)いま会社として一番忙しいことって何ですか?

 少子高齢化による労働力不足が大きな社会問題になる中、ロボットを含めた自動化に向けた設備投資が非常に活発になっている。商品や部品の供給に関してお客さまにご迷惑をかけないよう対応している。また、今年3月に大分市の戸高製作所を当社のグループに迎え入れた。半導体業界向けに装置や治具を製作しているメーカー。シナジー創出に向けた協業についての検討や、社内インフラを含めた職場環境の整備を行っている。

 (4)10年後、あなたの会社はどうなっている?

 当社は、その時代ごとに旬の商品や市場を開拓し、臨機応変に変化させながら成長を続けてきた。近年、商品や市場などあらゆる面でライフサイクルが短くなっている中で、10年後どうなっているかを想像するのは難しい。しかし、当社の最も重要な経営資源である人材を育成するサイクルを拡大させることで、今後、さまざまな商品が新たに加わるとともに、新しい市場も開拓しているはずだ。

 (5)社員の能力開発、スキルアップのために取り組んでいることは?

 入社後の新人研修、メーカー研修、OJT研修のほか、階層ごとに昇格試験の際は通信教育を受講し、会計やマネジメントなど社会人として必要となる知識の習得を行っている。また、本社に外部講師を招いて、営業スキル研修やコーチング研修、さらには管理職研修などの集合教育を毎年行っており、社員はほぼ3年サイクルでこれらの研修に参加している。

 (6)同業他社と比べた場合、あなたの会社の売りは何ですか?

 風通しのよい会社。社長が若い社員にも気軽に声を掛けたり、一緒にマラソン大会に参加したりしてくれるため、上下関係については権威的ではなく、フラットでフランクに接することができる環境にある。もちろん仕事における厳しさは当然あるが、さまざまな提案などを行いやすい雰囲気だ。仕事外でのイベントも多く、役職を問わず社員間の雰囲気が良い。

 (7)「働き方改革」やってますか?

 グループ全体で時間管理の徹底を行い、月単位で時間外労働については人事で管理するようにし、長時間労働が発生しないよう努めている。

 ※南陽のホームページはこちら

南陽
 総合機械商社。本社福岡市。1950年創業で、53年に会社設立。94年に福岡証券取引所に株式上場。半導体製造装置や精密加工機械などの産業機器や、ショベルカーなどの土木建設機械を幅広く取り扱っている。2017年3月期の連結売上高は318億円。グループの従業員数は409人。「機械」をテーマにしたユニークな企業CMでも知られる。









最新記事一覧



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事