ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

工場見学のススメ【拡大版】

一覧ページへ

そうめんに隠された職人技とマシンの融合 島原創互物産

2017年08月09日 03時00分 更新

記者:小川俊一


  • 午前5時半すぎ、そうめんの生地を機械で圧迫する従業員

  • 機械で伸ばされ、細くなっていくそうめんの生地

  • そうめんのコシを高めるため、生地にひねりを加える機械

  • 糸車で紡がれる糸のように滑車を通り、細くなっていくそうめん。左奥はガラス越しの見学通路

  • 機械で麺を伸ばす「小引き」の作業。伸ばす幅は生地の熟成具合に応じて調整する

  • 麺をのばす工程では最後の作業となる「大引き」

  • 乾燥中のそうめんはカーテンのようだ

 夏バテ気味のお腹にもツルンと入って、食欲を回復させてくれるそうめん。手延べそうめんの生産量国内2位の長崎県・島原半島(島原市、雲仙市、南島原市)には約300の工場がひしめく。その大半がある南島原市の ...










特集 qレポートの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事