ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

デスクコラム

一覧ページへ

体育会系からの「海外留学」

2017年09月10日 03時00分 更新

記者:福間慎一


  • ヤフー本社が入る東京都千代田区の東京ガーデンテラス紀尾井町。オフィスは席を固定しない「フリーアドレス」。食堂はレストランのように明るく、おいしかった

 1年間の「海外留学」から帰ってきた。人事交流で出向した先はIT大手のヤフー。会社は東京・紀尾井町にあり外国語は必要ないが、文化の違いはまさに「海外」級だった。

 24歳の入社以来、新聞社で育った。少し穏やかになってはきているが、基本的には体育会系だ。入社当時は毎日、ストレス耐性を試されるかのようにとにかく怒られた。「すみません」が全ての返事とあいさつを兼ねていた。

 原稿に対するデスクの問いに詰まると怒鳴られる。刷りの段階で1カ所「同社がが」となっているのを見つけた時は、怒られるのが怖く「いっそこのままに…」と自分を見失いかけたこともある。諸先輩からすれば、こんなものは序の口にも届かないだろうけど。

 飲みの誘いは絶対で、途中で帰るなど論外。次の日のダメージを抑えようと、焼酎の割合を高めたお湯割りを積極的に上司に差し出して先に酔わせる策を編み出した。怒られながら仕事を覚え、年次を重ねて少しずつ意見が言えるようになる――それが普通だった。

   □    □   

 昨年9月。「新入社員」となったヤフーで、私は直立不動で部長にあいさつした。その返事にたじろいだ。


福間慎一(ふくま・しんいち)<br />
福岡市生まれ、福岡県粕屋郡育ち。2001年に西日本新聞社に入社、筑紫支局(同県太宰府市)、文化部、長崎総局、本社報道センターで記者。紙面編集にも約4年間従事しました。特技は居酒屋のメニューを指1本でくるくる回すこと。









コラム qBizコラムの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事