ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

間に合った こんな幸せ ありますか? 「トイレ川柳」全国から2万6338句

2017年10月13日 03時00分 更新

記者:井崎圭

 TOTO(北九州市)は12日、「第13回トイレ川柳」の優秀作品を発表した。2万6338句の応募があり、最優秀賞には「間に合った こんな幸せ ありますか?」が選ばれた。

 トイレ川柳は2005年から毎年実施し、コピーライターの仲畑貴志さんが選者を務める。

 次点は「空梅雨で 節水型に 換えました」。新設された仲畑貴志賞には「あの時に 行っておけばと 思う時」など3句。小学生以下のキッズ賞は「かえり道 ガマンとたたかう 二年生」「ばあちゃん家 トイレが二つ 羨(うらや)ましい」など3句が選ばれた。

 同社は11月10日(トイレの日)、優秀20作品を印刷したトイレットペーパーを全国の書店で発売する。1ロール350円。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事