ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

修治の大人の相談室 R25

一覧ページへ

Q)大河ドラマを見続けています。昔は主人公は男子が多かったのですが…

2017年10月19日 03時00分 更新

記者:中村修治氏


  • 中村修治氏(なかむら・しゅうじ) キナックスホールディングスとペーパーカンパニーの代表取締役社長。1986年、立命館大卒。94年、福岡で独立。大手広告代理店のブレーンにもなる戦略プランナー。Good不動産やJR博多シティのネーミングなども手掛けた。企業顧問や福岡大非常勤講師も。ネット上でコラムを書くと数万のアクセスを荒稼ぎ。フェイスブックでは、毎月15000いいね以上を獲得。

【相談内容】

(ペンネーム:サファイア/49歳女性/既婚/返答モード:ハード/アダルト返答:可)

 大河ドラマを見続けています。

 昔は主人公は男子が多かったのですが、最近は男子と女子の交代制になっています。

 私が見るかぎり、男子が主人公の年の方が視聴率が高いです。

 「八重の桜」も「花燃ゆ」も苦戦していたのでいっそのこと毎年男子の話にすればいいのにと思うのですが?

【修治の回答】


 大河ドラマも男女機会均等なのです。


 サファィアさんのおっしゃる通りです。テレビの視聴率は、女性が鍵を握っています。現場の口の悪いテレビマンは「おんなこどもが喜ぶものを作っておけばいいんだよ」と言い切ったりしています。


 だから大河ドラマも、男主人公の方が、視聴率が高いのは当たり前なのです。現実ばなれした同性のヒロインの話を応援するよりも、一度抱かれたいと思うような男が歴史をつくるドラマの方が痺れるのは当たり前です。


 毎年男子の話にすればいいのに・・・。そんなこたぁぁぁぁ、NHKの人たちも思っています(きっと)。それでいても、男と女の主人公を変わりばんこに仕込んでいるのです。


 では、なぜ、そんな遠回りをしているのか!?






コラム 悩み相談室の最新記事

そもそもqbizとは?

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事