ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

福高讃歌

一覧ページへ

【福高讃歌】(25)ラグビー部、栄光の軌跡の裏にOB

2017年11月07日 03時00分 更新


  • 福高ラグビー部監督時代、選手たちを指導する森重隆さん(右端)

 福岡高ラグビー部の栄光の軌跡の裏には、後輩たちを指導する母校愛に満ちたOBたちの存在があった。そもそも1924年に創部した中園淳太郎もラグビー経験はなく、自らは部長となり、実技は福中卒業後に早大で経験を積んだOBたちに頼っていた。

 「秋になると生まれ変わる」。冬の全国大会出場の常連だった60〜70年代、夏休みの猛特訓で力を付けるラグビー部はこう称された。急成長を支えたのは早稲田のほか明治、慶応といった大学ラグビーの強豪に進学し、夏休みに帰省したOBたちだった。最新の練習法や戦術をじかに学べる点は、福高ラグビー部員にとって大きなメリットだった。










オン&オフ 九州見聞録の最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事