ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

修治の大人の相談室 R25

一覧ページへ

Q)この歳になっての友人関係について悩んでいます…。

2017年11月16日 03時00分 更新

記者:中村修治氏


  • 中村修治氏(なかむら・しゅうじ) キナックスホールディングスとペーパーカンパニーの代表取締役社長。1986年、立命館大卒。94年、福岡で独立。大手広告代理店のブレーンにもなる戦略プランナー。Good不動産やJR博多シティのネーミングなども手掛けた。企業顧問や福岡大非常勤講師も。ネット上でコラムを書くと数万のアクセスを荒稼ぎ。フェイスブックでは、毎月15000いいね以上を獲得。

【相談内容】

(ペンネーム:風香/29歳女性/未婚/返答モード:ハード/アダルト返答:可)

 この歳になっての友人関係について悩んでいます。

 以前は月に何度か集まる友人の集まりがいくつかあったのですが...

 近頃は結婚や出産などで参加率が悪くなり、仲の良い友人と会う機会が減ってきてしまいました。

 彼氏や旦那さんとの予定があるから土日はほぼNG、「その日の予定がわかったら連絡するね」と言いながらギリギリになっても連絡なし、というようなことが増えてきました。

 「友人とは暇な時に会えればいいや」というような空気を感じてしまい、イラッとしてしまうことが最近多々あります。

 私には現在彼氏がいないので、そのような友人の気持ちがわかってあげられていないのかもしれませんが、私は恋愛や結婚生活と同じように、友人関係も大切にしていきたいと考えています。

 環境の変化やどうしようもない事情もあることはわかっているのですが。

 この歳になると結婚や出産への焦りもあるせいなのでしょうか。

 自分の予定ばかりを優先されると、どうしても自分のことばかり考えていて周りが見えていないように思えてなりません。私も同じ立場になればこのようになるのかという不安もあります。

 やはり私の考えが未熟なのでしょうか。

 自分の心が狭いからではないかとも考え、自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。

 今後の友人関係についてアドバイスをお願いします。

【修治の回答】


 “ひとりぼっち”こそ最強の生存戦略です。


 重要な人間関係というものは、そのときどきによって変わっていくものです。言い換えると、重要な人間関係がどう変わっていったか!?がその人の人生そのものです。


 家族を持って会う回数が減ったなら、旦那や子どものと関係が、風香さんとの関係より重要になったという、ただそれだけのことです。自分のことばかり考えていて周りが見えなくなっているわけではありません。むしろ、旦那さんや子どもさんのことばかり考えるようになったのです。






コラム 悩み相談室の最新記事

そもそもqbizとは?

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事