ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

とっておき!@

一覧ページへ

【とっておき!@大分県臼杵市】名産カボスで引き立つ味

2017年12月02日 03時00分 更新

記者:森亮輔


  • フグ刺し、唐揚げ、鍋…。フグを堪能する食べ方はさまざまだ(臼杵市観光情報協会提供)

 冬がやって来た。鍋がおいしい季節。大分県臼杵市では、名物のフグが旬を迎えている。同じく旬の白菜をたっぷり鍋に加え、熱々のフグの身と一緒にほおばれば、身も心も温まること間違いなし。つけだれは、これまた臼杵名産の香り高いカボスを使ったポン酢で決まり。フグの味をより引き立てる一品だ。

 臼杵沖の豊後水道は良質なトラフグの産地として古くから食通の間で知られ、その味を求めて全国から多くのファンがやってくる。市内のフグ料理店は約30店舗あり、コンビニ店舗数の倍ほどという。それほどフグは身近な存在だ。










オン&オフ 九州見聞録の最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事