ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

2017九州豪雨

一覧ページへ

台湾バンド 大分・日田を発信 市観光協会招待 訪日客増へロケ

2017年12月13日 14時14分 更新

記者:藤田沙智


  • 露天風呂「川湯」で湯あみ着入浴を体験する「旺福」のメンバー=11日、大分県日田市天瀬町

 九州豪雨で被災した大分県日田市の市観光協会が11〜13日、台湾の人気バンド「旺福(ワンフー)」を招待して市内ロケを敢行している。来春、台湾の情報誌に「日田観光」の特集が掲載される予定。豪雨災害から5カ月が経過した今なお、日田では国内観光客の客足が戻っておらず、訪日外国人客(インバウンド)に活路を見いだそうという試みだ。

来春、現地の情報誌に特集

 旺福は男性2人、女性2人のユニット。台湾のグラミー賞と呼ばれる「金曲賞」にノミネートされ、東京でライブ活動も行っている。台湾で計6万部を出す情報誌「M ・Mag」の日本各地の観光名所を紹介するコーナーにかつて日田市が掲載されたことが縁で、市観光協会が同誌に取材をラブコールし、旺福のロケが実現した。

 ロケ初日は同市の天ケ瀬温泉郷を流れる玖珠川沿いの露天風呂「川湯」の湯あみ着入浴を体験。せせらぎを聞きながら湯船に漬かる風情を堪能した。日田特産のユズの収穫や国重要無形文化財「小鹿田(おんた)焼」の陶芸も体験。メンバーは「日田には日本の良い所が全てある。みんなに勧めたい」と大満足だった。

 ロケの様子は、同誌の来年3月末の発行号で、8ページにわたって特集。計5万部発行で台湾の日本通の必読誌とされる「秋刀魚」にも掲載される予定だ。

 市観光協会によると、日田を訪れた外国人個人旅行者のうち25%を台湾が占め、台湾人観光客は増加傾向にあるという。国内観光客が減る中、台湾に照準を合わせており「有名人の会員制交流サイト(SNS)を閲覧して、ファンが同じ場所を訪れる傾向がある。今回のロケが起爆剤になれば」と期待を寄せている。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事