ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

熊本地震

一覧ページへ

復興の明かり 駅舎きらめく 南阿蘇鉄道

2017年12月25日 13時57分 更新

記者:森井徹


  • イルミネーションで飾り付けられた南阿蘇鉄道の見晴台駅=熊本県南阿蘇村

 熊本地震の被災から全線復旧を目指している南阿蘇鉄道の見晴台駅(熊本県南阿蘇村)で、イルミネーションの点灯が始まった。

 駅は昨冬、キリンビバレッジの紅茶飲料のテレビCMで舞台となり、県内外から訪れる人が急増。今月から全国放送が始まったCMの続編でも、再び駅がロケ地になった。復興支援の機運を盛り上げようとキリンビバレッジが企画した。

 1月31日まで、午後5時半〜8時に約9千個の電飾が点灯する。新CMは南阿蘇村の星空の美しさが際立つ内容で、担当者は「イルミネーションと星空の両方を楽しんでほしい」と話している。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事