ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

デスクコラム

一覧ページへ

もはや「永遠のテーマ」? 西鉄貝塚線と地下鉄箱崎線、直通する日は来るか

2018年02月11日 03時00分 更新

記者:福間慎一


  • 西鉄貝塚線と福岡市営地下鉄

  • 福間慎一(ふくま・しんいち)
    福岡市生まれ。2001年に西日本新聞社に入社、文化部、長崎総局、本社報道センターなどで記者。16年9月からヤフーに出向、17年9月からqBiz編集長。特技は居酒屋のメニューを指1本でくるくる回すこと。


地下鉄箱崎線と西鉄貝塚線の直通構想のあゆみ(本紙の過去記事から)

1971年 都市交通審議会が高速鉄道路線について「都心部から箱崎方面に至る路線」の新設が必要と答申

1981年 「将来的に輸送需要の増加が見込めない」として貝塚駅での乗り継ぎ方式を選択

1986年 地下鉄箱崎線が全線で開業

1989年 九州運輸局長の諮問機関が直通運転を課題として提示

1992年 当時の福岡市交通事業管理者へのインタビューに、直通運転への言及はなし

1997年 福岡市と西鉄が直通運転(香椎まで)実現へ検討を始めることで合意(当時の記事には「2003年ごろの開業を見込む」)
※橋本尚之西鉄社長(当時)は「採算上の問題もあったが、香椎副都心整備事業などが進み、この時期を逃しては事業化困難と判断した」

2001年 市と西鉄の協議が「地下鉄がアイランドシティまで乗り入れる。西鉄は現行通り、貝塚止まり」としてまとまる

2003年 明石博義・西鉄社長(当時)が会見で「話は進んでいるが、まだ採算的に難しい」

2007年 新宮(福岡県新宮町)―津屋崎が廃止。「宮地岳線」から「貝塚線」に名称が変更

2010年 福岡市が、直通運転について「三苫−中洲川端」と「三苫−天神」の2案を検討

2012年 福岡市が「投資に対する効果は低く、直通化は困難」とする試算

2017年 福岡市が「黒字化が見込まれる案では利便性が低下する」との試算

2018年 福岡市が、貝塚駅で分離・連結する新型車両を導入して初期投資額を抑える新案



西鉄貝塚線の駅がデザインされたチロルチョコ。千早、香椎花園、和白、新宮は売り切れていたので近くのバス停チョコで補った。松崎は千早から少し遠い…
貝塚行きの西鉄貝塚線
貝塚行きの福岡市営地下鉄









コラム qBizコラムの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事