ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

農家民宿で自然を体験 古民家ゲストハウス「Ne doco?」佐賀・伊万里市

2018年02月19日 03時00分 更新

記者:平原奈央子


  • 農家だった築70年の古民家はガレージ付きのゆったりした広さ。のれんの奥から黒川さんが出迎える

  • 明るい雰囲気に仕上げた内装。木の枝のような作り付けの棚は「ずっと夢だった」という

 JR伊万里駅から車で15分ほど、のどかな田園地帯が広がる佐賀県伊万里市木須町に昨年10月、築70年の古民家を改装したゲストハウス「Ne doco?(ネドコ)」がオープンした。オーナーは佐賀市出身の黒川みさとさん(29)。約400平方メートルの敷地にはガレージもあり、懐かしい昭和の風情を残しつつパステルカラーに明るく改装した。

 黒川さんは7年半、美容関係の店舗で働きながら国内外を一人旅し、各地で個性豊かなゲストハウスに出会った。「いつか自分もオーナーに」と夢を描き、空き家だった父の実家を改装した。「ネドコ」という店名は猫が気持ちいい寝床を探し出してくつろぐ姿から発想し、「ゆっくりとリラックスしてもらえる場所に」との思いをこめた。

 改装費用はインターネットで共感者を募るクラウドファンディングを活用。知人たちが家具作りやロゴのデザインなどに加勢してくれた。部屋ごとに照明を変え、すりガラスやホーロー製の台所、玄関タイルなどレトロな雰囲気はそのまま残した。

 最初は立地の利便性の低さを心配したが、農園で季節の野菜を収穫し、料理を楽しめる体験型の農家民宿にした。お客の7割は国内、3割は外国からだ。

 食事も黒川さんの手作り。パンにだし巻き卵とのりをはさんだ「ニッポンサンド」を朝食に考案したところ、なかなかの評判で、和食はモチ麦やとろろ汁、ぬか漬けと健康的だ。

 今後は美容業の経歴を生かしてスキンケアや食事管理を学ぶコースや、地元の窯元と連携した陶芸体験コースも充実させたいと、アイデアは尽きない。

      ◇

 伊万里市木須町3928。電話=090(3667)3450。素泊まり1人3240円、1泊2食付き同6480円。25日午後1時から伊万里公民館である「食のまちづくりフォーラム」で講演する。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事