ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

北九州市予算案は5630億円

2018年02月14日 17時00分 更新

記者:野村創

 北九州市は14日、2018年度一般会計当初予算案を発表した。総額は17年度当初比0.03%増の5630億円で過去4番目の規模。人口減少数が全国の市町村で最も多い現状を踏まえ、移住や地元雇用の促進策、街のにぎわいづくりなどに重点配分した。21日開会の市議会定例会に提案する。

 新規事業では、テーマパーク「スペースワールド」(同市八幡東区)の昨年末の閉園に伴い、新たな修学旅行や体験型観光メニューの開発経費に1000万円を計上。地元企業の求人情報などに詳しいアドバイザーを市内の大学に派遣し、学生の就職を後押しする事業にも1000万円を充てる。

 年末に予定する若戸大橋・若戸トンネル無料化に向けた借入金返済などの経費(30億円)や、国内最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」の開催事業費(3900万円)も盛り込んだ。同市でのTGC開催は4年連続。

 北橋健治市長は「今年は市制55周年の節目の年。街のにぎわいをさらに高め、国内外への情報発信に努めたい」と語った。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事