ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP >記事

わが社の人財戦略

一覧ページへ

技術士や学位 取得支援 FCホールディングス(Q&Aと動画付)

2018年02月27日 03時00分 更新


  • 立石亮祐(たていし・りょうすけ)事業管理室長

  • FCホールディングスのロゴマーク

立石亮祐(たていし・りょうすけ)事業管理室長

 道路や鉄道、まちづくりなどの計画や設計を手掛けている。持ち株会社として合併・買収(M&A)を含め新事業も進める。求める人材は、社会に強い関心を持ち、顧客の地域を良くするためどうお手伝いできるか、という意欲や論理的思考力を持った人だ。

 仕事を進める上で、国家資格の「技術士」が必須。現在84%の社員が取得している。当社が、技術士の受験料を3回まで負担する。また学位取得支援制度では、会社が授業料を負担して大学院に行かせる。これまで10人以上が取得し、現在も4人が大学院に通う。

 建設コンサルタント業界はどうしても残業が多いイメージがある。働き方改革は最重要課題だ。昨年春から在宅勤務を試行し、育児や介護で計2人が始めた。今年6月末までに、フレックスタイムやサテライトオフィスの試行準備にも入る。情報漏えい防止などの安全対策を講じた上で、取り組みを進めたい。


■■■


これがわが社の人財活用術だ
qBizが聞きたい7つの質問

 ※回答は立石氏。動画「仲間になるあなたへの伝言」出演は若手社員

 (1)即内定!ぜひ会社に迎えたい人材とは?

 会社を通して自己実現しながら社会に貢献する人。社会に強い関心を持ち、あふれるチャレンジ精神、意欲や熱意、突破力、論理的思考力を持った人が必要だ。グループの中核である福山コンサルタントは、道路や交通、まちづくりなどの計画や設計が中心。自分の住んでいる街を良くしたい、顧客の地域を良くしたい、それでどういうお手伝いができるか、という意欲が求められる。道路や橋を造ったとき、地域にどういうインパクトがあるかを考える力も必要だ。

 (2)採用活動で一番の悩みは?

 FCホールディングスは2017年1月に設立されたばかり。知名度が不足している。福山コンサルタントは土木系の学生には知られているが、IT関連や、企画・管理などの文系的な仕事もある。採用に向け多様な人材を求めるため、アプローチを強化したい。

 (3)いま会社として一番忙しいことって何ですか?

 建設コンサルタント事業では、モノがインターネットにつながる「IoT」や、人工知能(AI)、ドローンなどの研究開発を進めている。2017年11月、社長を本部長とする「戦略推進室」を設けた。これまでは日常の業務の中で研究開発しており、アイデアが出てもすぐ陳腐化していた。近く「技術研究所」を設け、専任者を配置して研究開発を進めたい。数十件のアイデアのうち2、3件を1、2年で結果を出すようにする。また、新たなビジネスモデルは、企業の合併・買収(M&A)や業務提携で進めたい。外部との連携も含め、新事業の種を育てたい。

 (4)10年後、あなたの会社はどうなっている?

 当社は2019年に創業70周年を迎える。社会から必要とされる企業でありたい。M&Aや技術開発などで、長期的には売上高100億円(17年6月期は68億円)を目指している。

 (5)社員の能力開発、スキルアップのために取り組んでいることは?

 建設コンサルタントには国家資格の「技術士」が必須。1次試験合格で技術士補になり、実務4年程度で技術士の受験資格を持つ。現在84%の社員が技術士の資格を持っている。技術士の受験料は、3回まで当社が負担している。また、会社が授業料を負担して大学院に行かせる学位取得支援制度も15年以上前から始め、定着している。これまでに10人以上が学位を取得し、現時点で4人が大学院に通っている。さらに、経営学修士(MBA)の取得支援も検討中だ。管理部門でも熱意ある人がいれば支援したい。

 (6)同業他社と比べた場合、あなたの会社の売りは何ですか?

 福山コンサルタントは、売上高が業界で43位前後だが、道路・交通に特化すると全国4位になる。道路や鉄道、インフラなどが強い。新幹線については東海道新幹線の建設時から手掛けており、鉄道の設計では老舗だ。列車の振動に対して、駅舎や高架橋にどう耐久力を持たせるか、構造物の解析を行っている。

 (7)「働き方改革」やってますか?

 最重要の経営課題だ。残業を減らし、多様な働き方ができるよう、労使協議会でさまざまな施策を検討している。昨年春から在宅勤務を試行し、育児や介護で計2人が在宅で働いている。今年6月末までには、フレックスタイムやサテライトオフィスの試行を準備したい。サテライトオフィスは東京支社で考えており、例えば支社まで行かずに千葉の営業所で仕事ができるようにする。ただ、官公庁から請け負った業務が中心なので、遠隔地では情報漏えい防止などセキュリティー対策が必要。安全策を講じて問題がなければ取り組みを進めたい。さらに、業界全体として働きやすいイメージをつくることも必要だ。

 ※FCホールディングスのホームページはこちら

FCホールディングス
 福山コンサルタントを中核にした持ち株会社で2017年1月設立。本社は福岡市。東証ジャスダック市場に上場。福山コンサルタントは1949年創業。道路、橋梁、鉄道、都市計画といった社会資本整備に関わる計画策定や設計業務が中心。FCホールディングスの連結売上高は17年6月期に68億円。従業員数は17年6月末で289人。









最新記事一覧



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事