ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP >就職採用 >記事

わが社の人財戦略

一覧ページへ

自社職業訓練校で育成 ヤマサキ(Q&Aと動画付)

2018年04月03日 03時00分 更新


  • 山崎一正(やまさき・かずまさ)社長

  • ヤマサキのロゴマーク

山崎一正(やまさき・かずまさ)社長

 製鉄所の溶鉱炉やコークス炉などを建設する築炉(ちくろ)業を手掛ける。大型の構造物を造る仕事や、ものづくりに携わりたい人を求めている。日本を代表する鉄鋼企業と取引実績があるが、企業向け事業のため認知度が低いのが悩み。人手不足に伴い、採用枠は地元だけでなく全国に広げている。

 職業訓練校「山崎高等技術専門校」(福岡県大牟田市)を運営し、技能者を育成している。技能職は入社後1年間、同校で築炉やプラント配管の知識を身に付ける。寮を完備しており、期間中は給料を支払うので安心して学べる。

 社員の能力開発では、資格取得者に毎月の給与に資格手当を反映したり、報奨金を支給したりしている。入社3年未満の社員には、比較的若い社員が講師役となって知識や技能を教育している。

 4月に持ち株会社「ヤマサキホールディングス」を設立した。グループ経営を強化し、合併・買収(M&A)にも柔軟に対応できる。


■■■


これがわが社の人財活用術だ
qBizが聞きたい7つの質問

 ※回答は山崎社長。動画「仲間になるあなたへの伝言」出演は人事課の小川真矢さん

 (1)即内定!ぜひ会社に迎えたい人材とは?

 失敗を恐れずに何事にも挑戦し続ける人物を採用したい。当社の主力である築炉業では、全国の製鉄所の溶鉱炉やコークス炉などの建設や補修を手掛けている。社会インフラの橋梁(きょうりょう)や、建物の鋼材などを造るための製鉄に欠かせないのが築炉業。社会貢献につながる仕事でもある。大きな構造物やものづくりに携わりたい人を求めている。

 (2)採用活動で一番の悩みは?

 築炉業という業種が一般的にあまり知られておらず、応募が少ないことが悩みだ。日本を代表する鉄鋼企業と取引実績があるものの、BtoB企業のため会社の認知度が低い。大学や高校などに出向き、進路指導担当者らに事業内容を説明している。当社は福岡県大牟田市などにあった三井三池炭鉱の関連で大きくなった企業でもあり、地元を中心に採用していたが、少子化で人を集めにくくなったことで全国に採用枠を広げている。

 (3)いま会社として一番忙しいことって何ですか?

 製鉄所からの設備更新の依頼が増えており、安全最優先で工事をやり遂げるための労務管理などが忙しい。築炉では、耐火レンガを誤差0・5ミリほどで積み上げていく。1日でも早い操業を望む顧客に応えるため、建設現場ではピーク時に300〜500人の作業員が働くこともある。協力会社の応援を受けながら対処している。

 (4)10年後、あなたの会社はどうなっている?

 現在は、築炉事業以外に「玉名カントリークラブ」(熊本県玉名市)の運営や飲食事業などを手掛けている。全体の売上高に占める割合はまだ低いが、将来は主力事業の一つに成長させたい。今春から持ち株会社「ヤマサキホールディングス」を設立し、グループの経営強化やM&Aに柔軟に対応できる体制づくりを進めている。

 (5)社員の能力開発、スキルアップのために取り組んでいることは?

 施工管理技士や建設業経理士といった日常の業務に近い分野から資格を取得した場合は、資格手当として毎月の給与に反映している。より幅広い分野の資格を選べる「資格取得奨励制度」も設けており、社会保険労務士や宅地建物取引士などの取得を資格した際には報奨金を支給する。

 入社3年未満の社員を対象として、先輩が講師役となって知識や技能を教育している。比較的若い社員が講師を務め、教える立場の難しさも経験させている。

 (6)同業他社と比べた場合、あなたの会社の売りは何ですか?

 創業から140年以上の歴史に裏打ちされた技術・技能だ。1875年に創業し、築炉を中心にさまざまな工事に携わってきた。現在まで事業が続けてこられたことが信頼の証だと言えるだろう。

 また、福岡県知事認定の職業訓練校「山崎高等技術専門校」を自社で運営していることも売りだ。築炉やプラント配管の技能を学ぶための施設で、技能職を対象に入社から1年間で専門分野を教育している。寮も完備しており、期間中は給料も支払われるので安心して学ぶことができる。

 (7)「働き方改革」やってますか?

 時間外労働の削減のため、月1回の「ノー残業デー」のほか、残業の理由や予定時間を事前に上司に報告する仕組みを設けている。上司は翌日に部下から残業した結果の報告を受け、残業の累積時間をリアルタイムで管理する。残業が多くなりそうな時は業務の分担を見直すことで、偏った勤務体系とならないようにしている。気軽に有給休暇を取得できるような環境づくりも進めている。

 ※ヤマサキのホームページはこちら

ヤマサキ
 1875年に福岡県大牟田市で創業し、三井三池炭鉱関連のコークス炉建設などを手掛けて成長。主力事業は築炉業で、玉名カントリークラブ(熊本県玉名市)の運営や飲食事業などを展開する。営業拠点は全国に9カ所。自社で職業訓練校「山崎高等技術専門校」を運営する。2017年8月期の単体売上高は206億円。従業員数は553人で、うち70人が女性。









最新記事一覧



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事