ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

購買力に勝る「購買意欲」 WeChatで知った“日本の贅沢な生ソフトクリーム“ 趙さんの瀋陽来信(2)

2018年05月14日 16時00分 更新

記者:チョウ・イーリン氏


  • 瀋陽の人びともはまる!「北海道プレミアム生ソフトクリーム」

  • 瀋陽「北運河」の近くにある広場。ダンスをする女性の姿が多く、小さな子どもも見ているようだ。中国の多くの都市でよく見られる光景

◆   ◆   ◆
 「光陰似箭」(光陰矢のごとし)、あれから16年――。

 ✉→你好吗?(^^)/
 你有没有吃过这种冰淇淋?北海道非常有名!
 现在在沈阳很受欢迎。
 真的很好吃,但有点贵!(*_*)


 (元気にしてる?!このソフトクリーム、食べたことある?「北海道」でかなり有名なソフトクリームだよ!今、瀋陽では大人気。本当に美味しいけど、ちょっと高い!)

 ある晩のこと。本コラムのタイトル「瀋陽来信」のとおり、瀋陽に住む仲のいい友達からの“瀋陽からの便り”が届いた。連絡ツールは「WeChat(ウィチャット)」だ。

 WeChatとは、中国大手IT企業「テンセント」が開発した無料メッセージと通話ができるスマートフォンのアプリ。いわゆる「中国版LINE」である。

 そしてその中国国内のユーザーは「9億人超」と言われている。
(日本のLINEユーザー数は、7300万人以上と言われているが…)

 中国国内の友達や家族、親戚や知り合いとの連絡を取り合ったり、ビジネスシーンでも度々使うこともあることから、利用範囲は幅広い。今や中国では、国民的なアプリとして必要不可欠な存在だ。

 そんな友達からのメッセージには、“今にも溶けそうで美味しそうなソフトクリーム“の写真も添付されている。私は、こう返信した。

 ✉→我吃过一次!
 但我不知道它这么有名


 (あ!一度食べたことがあるよ!でも、そこまで有名だとは知らなかったよ)

 写真のポスターを見ると、確かに「北海道のソフトクリームの神様」と書いてある。ネット検索から人気のあるソフトクリームなんだ、とすぐにわかったが、まさか瀋陽でも売られているとは。

 経済成長が著しいとはいえ、2017年の瀋陽の一人当たりGDPは約7万元(約120万円)にとどまる。25元(約420円)の値段は決して安くはないはずだ。

 私は、「25元のソフトクリームを食べるなんて、贅沢(ぜいたく)だね」といったメッセージを送った。直後、友達が嬉しそうに言った。

 「日本のおいしいものを、この値段で食べられるなんて!ラッキーだよ(^^)」


瀋陽では、クルマの急増に伴って「道路駐車場」も増えている
瀋陽市内にある地下鉄建設中の標識。が早く渋滞が解消してほしい
趙 ●琳(チョウ・イーリン)氏<br />
1979年中国・瀋陽生まれ。大学卒業後の2002年に来日し、2008年に東工大院社会理工学研究科を修了。博士(学術)。現在は、富士通総研経済研究所の上級研究員。好きな言葉は、老子の言葉「千里之行、始于足下」(千里の道も一歩から)。趣味は、休日に家族と気軽におしゃべりをしながらの山登り。<br />
※●は「偉」のにんべんが「王」へん









コラム 寄稿コラムの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事