ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

記者コラム

一覧ページへ

“一晩9軒”の猛者も 福岡・春吉の「はしご酒」イベント

2018年05月16日 03時00分 更新

記者:石田 剛


  • 石田剛(いしだ・たけし)
    雑誌編集部に勤務後、2008年入社。地域報道センター、福岡西支局、佐賀総局を経て経済部。顔つきからか九州出身によく間違われるが、東京出身(八王子ですが)。


 晴好実行委では、「流行に任せたチャラチャラしたイベントじゃなくてちゃんと主張する場にしよう」という思いがあるという。参加各店の関係者がはしごし合うのが恒例で、店同士の刺激にもなっている。「『あそこの店、感じよかったね』なんてみんなで言い合っている。各店がおもてなしを競って『春吉、すごいやん』と驚かれるようなエリアにしたい」と友添さん。店側が楽しみながら続けているのが、参加者の増加にもつながっているのかもしれない。

 今回、参加証は完売した後も「参加したい」との要望が多く寄せられ、実行委は急きょスタンプラリー台紙だけの追加販売(価格は同じ800円)を決めた。酒器はないが、台紙を店で提示すれば500円のセットが楽しめる。参加をあきらめかけた左党に朗報といえそうだ。

 スタンプラリー台紙の販売場所は、平間饅頭店=092(761)1571▽オレンジライフ=092(761)0093▽BROT LAND電気ビル店=092(716)0807▽九電旅行サービス=092(731)4891


今回の「晴酒はしご」の参加証。九州豪雨被災地の支援のため、小石原焼の酒器を使っている









コラム qBizコラムの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事