ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP >記事

わが社の人財戦略

一覧ページへ

仕事を任せて若手育成 タカハ機工(Q&Aと動画付)

2018年05月15日 03時00分 更新

記者:仲山美葵


  • 大久保千穂(おおくぼ・ちほ)取締役執行役員

  • タカハ機工のロゴ

大久保千穂(おおくぼ・ちほ)取締役執行役員

 新卒社員を2013年から採用している。展示会ブースのデザインや海外用通販サイトの立ち上げ、電子部品「ソレノイド」を使った発明品のコンテスト「ソレコン」の運営など、責任ある仕事を若い社員に任せている。任せられると自ら勉強する。仕事を通して学べるよう、生かせる場所をつくっていく。若い人がわくわくするような会社にしたい。

 工場には金型や樹脂成形など一連の生産体制があり、その強みを生かして、ベンチャー企業が開発した製品を量産化する事業も始めている。16年には3次元プリンターなどを使えるスペースやカフェ、企業内保育所などが入った施設「タカハイノベーションパーク」を本社内に建てた。社内外の人がものづくりに取り組める場所だ。施設では「朝カフェ」として希望する社員に朝食を振る舞っており、コミュニケーションの場にもなっている。そうした環境づくりで働く意欲を上げていきたい。


■■■


これがわが社の人財活用術だ
qBizが聞きたい7つの質問

 ※回答は大久保氏。動画「仲間になるあなたへの伝言」出演は本人

 (1)即内定!ぜひ会社に迎えたい人材とは?

 壁にぶち当たったときに「やってやる」というエンジンがある人。あとは「好いたらしい人」。なんとなくいい、教えたくなる、という人と働きたい。文系でもアート系でもどんな専攻でもいい。行かせる場所はあるし、作る。

 (2)採用活動で一番の悩みは?

 知名度がないこと。女性が好んで製造業に来ないこと。米国や欧州に行ったり、ベンチャーや東京の企業の方と会ったり、いろいろなことをやっているが、若い人には知ってもらえない。若い人に特化したことをやらないといけないと思っている。

 今夏、就職を前提にした約1週間のインターンシップを初めて開く。1週間もあると会社の雰囲気が見られると思う。会社のことを気に入った人に来てもらいたい。

 (3)いま会社として一番忙しいことって何ですか?

 新規事業として、ベンチャー企業の製品を量産化する事業を立ち上げた。アプリやゲームのベンチャーはパソコンを使って1人でもどんどん大きくなれる。一方でハードウエアのベンチャーは最終的にはどこかの工場で材料を調達、設計して作らないといけないが、そうした需要に応える工場が国内に少ない。

 タカハ機工の工場には金型、プレス、樹脂成形、切削、組み立てなど一貫した生産体制があり、それを生かしたい。現在はソレノイドを使った拍手ロボット「ビッグクラッピー」を作っている。

 (4)10年後、あなたの会社はどうなっている?

 部品メーカーではなく、メーカーとして最終製品を作る会社になっていると思う。ソレノイドに限らずいろいろなものを商品化していきたい。

 (5)社員の能力開発、スキルアップのために取り組んでいることは?

 入社後は4カ月かけて現場で学ぶ。あとは若い人に責任ある仕事を任せる。失敗しそうなときはアドバイスするが、基本的には任せて、お金だけ出す。任せるとプレッシャーになるが、自ら勉強する。海外出張に行くことでもモチベーションはとても上がる。勉強してください、という「指示」ではなく、そうした「刺激」が重要だ。

 研修という名前のものは特にしないが、育てる中でいろんなことを学んでもらいたい。

 (6)同業他社と比べた場合、あなたの会社の売りは何ですか?

 一貫生産設備があることだ。全て国産で、全ての部品を同じ敷地内で作っている。以前はそれが負担だったが、強みにしようとネット販売を始めた。即日出荷できるのは世界でも稀で、需要があった。ネット販売は受注生産に比べ、利益率の向上にもつながっている。

 以前は海外にも生産拠点があったが、今は日本で作って世界に売っている。日本製というだけでまだ信頼がある。輸出先は主にヨーロッパ。海外は伸びが大きい。

 (7)「働き方改革」やってますか?

 残業は、生産が忙しいとき以外はない。

 気分が乗れば、楽しければ、仕事は進む。安心して働ける環境、癒やしがある環境をつくっている。トイレは素材やインテリアにこだわり、800万〜900万円かけて改修した。託児所もあり、ロボット「ペッパー」はいち早く導入した。託児所から聞こえる子供の声やペッパーの声かけなどが癒やしになっている。「タカハイノベーションパーク」は、会社に「スタバ」のような、気軽に話せたり、音楽を聴けたりする場所を作りたかった。若い人はそこで帰りにおしゃべりをしたり、土日に来て物づくりをしたりしている。

 ※タカハ機工のホームページはこちら

タカハ機工
 鉄芯を直線運動させる電子部品「ソレノイド」の専業メーカー。自動硬貨払い出し機や金庫の施錠などさまざまな機器に使われている。1979年設立。本社・工場は福岡県飯塚市。従業員数は83人。2018年3月期の売上高は6億5千万円。経済産業省が多様な人材を活用する企業を表彰する「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれた。









最新記事一覧



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事