ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

2017九州豪雨

一覧ページへ

ホタル消えても祭りは消さぬ 「乱舞」戻る日信じ開催へ 東峰村・宝珠山地区

2018年05月20日 03時00分 更新

記者:末広浩


  • 「ほたる祭」会場の棚田親水公園近くの宝珠山川で、壊れた護岸の工事を見る田中康和さん=17日、福岡県東峰村

 昨年7月の九州豪雨で被災した福岡県東峰村の宝珠山地区で6月2日、「第31回ほたる祭」が開かれる。昨年まで光の乱舞が見られた宝珠山川は土砂や石で埋まり、現在は復旧工事中。河畔のホタル養殖施設も被災し、今年はほとんど飛びそうにない。それでも住民たちは「ほたる祭」と銘打ち、毎年恒例のイベントを続けることにした。復興を支えてくれる人々への感謝の気持ちと、「必ずホタルの光を取り戻す」という決意を込めて。

 「現在ほたるは壊滅状態です」。主催の「宝珠山ほたるを育てる会」(18人)は、祭りを告知するチラシにあえてこう明記した。開催を決断した田中康和会長(71)は「村を支援してくれる方々への感謝。それに先輩たちが長年続けてきた活動を途絶えさせたくなかった」と話す。

 同会は1980年に発足した。ホタルの減少を嘆いた住民が立ち上げ、ホタルの飼育と放流、河川清掃などを続けてきた。だが昨夏の豪雨で、ホタルや餌のカワニナを飼育していた会員宅や河畔の施設が土砂で埋まり、使えなくなった。宝珠山川も護岸工事などのため、今はホタルが生息できる環境にない。

 地道にホタルを増やし、祭りを6千人ほどが集う村を代表する催しの一つに育てた同会。高齢化と過疎が進む中、手作りで運営してきただけに「今やめたら再開できないかもしれない」との危機感も背中を押したという。「5年くらいかかってもホタルの里の再生を目指したい」と田中会長。祭りを再起へのきっかけにするつもりだ。

 18日夜、数はわずかだが川沿いにホタルの光が見られた。ステージイベントが中心になる「ほたる祭」は6月2日午後4〜9時、東峰村宝珠山地区の棚田親水公園で。演奏やフラダンスなどや抽選会を予定する。会場でホタル回復の協賛金も募る。問い合わせは村農林観光課=0946(72)2313。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事