ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

【あなたの特命取材班】部活、進まぬホワイト化 「休めない」問題改善へ国指針 自治体で対応ばらつき

2018年05月22日 03時00分 更新

記者:本田彩子、金沢皓介


 強制加入や長時間の練習など「ブラック化」が指摘される部活動。その適正化に向けて、スポーツ庁は3月、週2日以上の休養日設定など運動部活動の総合的な指針を示し、全国の教育委員会に通知した。文部科学省から「文化系部活も(指針に)準ずる」との文書も出た。だが、特命取材班には「休みがない」「体が持たない」といった生徒らの訴えが後を絶たない。九州の高校で続く早朝の「朝課外」補習の問題と同様に、改善を求める声が今も続く部活の現状を探った。

 全国大会出場を目指す福岡県内の公立高運動部。所属していた女子生徒によると、土日の練習は午前7時すぎから午後6時まで、平日も「休みになった記憶は1度しかない」と言う。熱心に参加してきた女子生徒は体調を崩して退部を余儀なくされた。「朝課外のため朝5時すぎに起き、部活を終えて帰宅は午後9時。その後は勉強で寝る時間もなかった」

 悲痛な声は運動部に限らない。全国の高専が目標に掲げるロボットコンテスト。九州のある高専生もロボットに興味がありロボコン部に入った。しかしロボット作りの中心メンバーは限られ、その他は雑用のみ。午後6時半までとされる平日の活動時間も、大会前は午後10時に及んだ。

 学校も看板として掲げる部で事実上、長時間活動を容認していた。元部員の男子生徒は「強制するのは違う」と訴える。

 福岡県内の公立高吹奏楽部に所属する女子生徒は、登校後に体調不良のため学校で倒れ、顧問に部活を休みたいと伝えたところ「休む理由にならない」と突っぱねられたという。

 休みは定期テスト前と年末年始などに数日。生徒の母親(40代)は「朝課外と休みのない部活動。風呂で寝ていることもある」と心配する。生徒は2度退部を申し出たが「一人いなくなると周囲に迷惑がかかる」などと言われ、今も活動を続けている。

      ■

 こうした生徒たちの声に加え、指導する教員側も長時間労働の解消など働き方改革に向けて動きつつあるが、見えない「障壁」に悩みは深い。福岡県の50代中学教諭は「目の前の子どもを勝たせてやりたいという気持ち、たくさん練習試合に連れて行ってほしいという保護者の期待もある。一歩を踏み出す難しい現状もある」と打ち明ける。

 抜本的な改善にルール作りの必要性を訴える意見は多く、スポーツ庁が今回示した指針には学校現場も注目する。同庁は実効性を高めるため、各県・政令市教委にも指針作りと実施を求める。しかし期限が設けられていないため、策定のスピードに温度差もある。

 九州では熊本県が2007年に策定した指針を、国の方針に沿うよう一部改正し、既に各中学校に通知した。その他の多くの自治体は「本年度をめど」に策定に取り掛かるという。一方、文化部については、佐賀県などが「運動部と同様の内容で指針を作る」とするが、福岡県や長崎県などは「作るのはあくまで運動部活動の指針」と対応が分かれている。

 「ブラック部活動」の著書がある名古屋大の内田良准教授(教育社会学)は「部活動改革は、組織の顔色、生徒のやる気や保護者の意見など全てを気にしていては何も変わらない。自治体は従来の慣習にとらわれずに改革を進めるべきだ」と指摘する。

 顧問を務める運動部で週休2日を実践する宮崎県の30代高校教諭は「強豪校では練習時間が足りないという声も聞く。しゃくし定規にではなく子どもたちに寄り添い、柔軟に対応していくのが望ましいのではないか」と話した。

 「柔軟な対応」とは何か。現場では手探りが続く。










特集 qレポートの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事