ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

南北首脳、板門店で再び会談 「米朝」開催へ協議か

2018年05月27日 03時00分 更新

 【ソウル曽山茂志】韓国大統領府は26日、文在寅(ムンジェイン)大統領が同日午後3時から約2時間、軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談した、と発表した。4月27日に10年半ぶりに開催された南北首脳会談からわずか1カ月で再び電撃的に実施された会談で、両首脳は開催が危ぶまれる史上初の米朝首脳会談に関して意見を交わした。

 大統領府によると、文氏は専用車で境界線を越え、統一閣前で正恩氏の妹、金与正(キムヨジョン)氏の出迎えを受けた。会談は、韓国側が文氏と徐薫(ソフン)国家情報院長、北朝鮮側が正恩氏と金英哲(キムヨンチョル)党副委員長という最小限の人数で開催された。朝鮮半島の「完全な非核化」を明記した4月27日の「板門店宣言」の履行と、米朝首脳会談の「成功的な開催」について意見を交換したという。詳細な内容は、文氏が27日午前に公表する。

 シンガポールでの開催が予定されていた米朝首脳会談を巡っては24日、北朝鮮の態度に不信感を強めたトランプ米大統領が突然中止を通告。これを受け、北朝鮮が25日、正恩氏の委任を受けた金桂冠(キムゲグァン)第1外務次官名で声明を発表し、「われわれはいつでも、どのような方式でも向かい合って問題を解決する用意がある」として、考え直すよう訴えた。この声明を評価したトランプ氏は同日、6月12日の開催に再度前向きな姿勢を表明した。

 史上4回目となる今回の南北首脳会談では、正恩氏が米朝首脳会談に臨む意向を文氏に託し、予定通りの開催の流れを取り戻そうとしている可能性がある。










全国経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事