ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

デスクコラム

一覧ページへ

「悪」の企業、実はホワイト? ヒーローショー業界を変える“ヤバイ”挑戦

2018年06月03日 03時00分 更新

記者:福間慎一


  • スポンサー枠があるヤバイ仮面のスーツ

  • 福間慎一(ふくま・しんいち)
    福岡市生まれ、2001年入社。文化部、長崎総局、本社報道センターなどで記者。16年9月からヤフーに出向、17年9月からqBiz編集長。特技は居酒屋のメニューを指1本でくるくる回すこと。

◇   ◇   ◇

 ヤバイ仮面のコスチュームには、スポンサー枠がある。同様の取り組みをしたアニメ番組から、知恵を拝借した。業界の新機軸を次々に打ち出す笹井さんの当面の目標は、東証マザーズへの上場。「上場セレモニーでは、当社の怪人が鐘を取り囲んで、ただ鳴らすのではなく、がんがん殴りつけたい」と夢を見る。

 会社が掲げる行動指針の最初の項目は<ヒーローのヒーローであれ>。その指針の象徴とも言えるのが、25体の「構成員」(もちろん全部悪者)のネーミングだ。

 共通しているのは、その安直さ。「ヤバイ仮面」を代表に、海賊マン、エビマン、ケーキマン、傘マン…、どいつもこいつも見たまんまの名前だ。「ネーミングを凝っていいのはヒーローだけ。目立ってはいけない怪人は、いつも『30秒ルール』で名付けている」と笹井さんは笑う。

 そう、悪役の名前なんて雑でいい。でもその心にはいつも、ヒーローより強く輝く太陽がある。行け、ヤバイ仮面! 戦え、ヤバイ仮面! 明日もどこかで、やられるために――。


<次ページでは「ヒーロー新聞」の1―3号の内容を紹介するぞ!>

記者会見場にさっそうと登場するヤバイ仮面
扉の外で出番を静かに待つヤバイ仮面。右手前はガンツ不動産のマスコットキャラ「たねぱん」(後ろ姿)
笹井浩生さん
悪の秘密結社が発行する「ヒーロー新聞」









コラム qBizコラムの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事