ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

有明海産アゲマキ、22年ぶり出荷 佐賀の直売所、即完売

2018年06月10日 03時00分 更新


  • 22年ぶりに出荷された有明海産のアゲマキ(手前)の写真を撮る親子連れ=9日午前、佐賀市

 佐賀県鹿島市で22年ぶりに漁が再開された有明海のアゲマキが9日、県有明海漁協の直売所「まえうみ」(佐賀市)の店頭に並び、70パック(計約20キロ)は開店後10分で売り切れた。

 アゲマキの漁獲量は最盛期の1988年に776トンに上り、庶民の味として人気があった。この日は1個当たり50〜100円の高値が付いたが、開店の2時間半前から客が列をつくる盛況ぶり。記念撮影したり、感激して涙ぐんだりする人もいた。

 佐賀市の男性(69)は「高級品になっても思い出の味はお金に換えられない」。待ちわびた懐かしの味に感慨ひとしおの様子だった。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事