ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP >就職採用 >記事

わが社の人財戦略

一覧ページへ

休暇取得促す環境整備 モバイルクリエイト(Q&Aと動画付)

2018年06月19日 03時00分 更新

記者:田中良治


  • 黒田愛美(くろだ・まなみ)総務課採用担当

  • モバイルクリエイトのロゴ

黒田愛美(くろだ・まなみ)総務課採用担当

 IP無線機など携帯電話の通信インフラを活用し、独自の技術やアイデアによるサービスを提供している。あらゆるものがネットとつながる「IoT」分野でイノベーション創出を促進するため、発想力とチャレンジ精神のある人材を求めている。

 1週間連続で休暇が取得できる「リフレッシュ休暇」や「バースデー休暇」「配偶者出産休暇」のほか、水曜日を「ノー残業デー」とするなど、休みを取りやすい環境を整えている。社員の健康を守り、職場では集中して仕事に取り組んでもらうのが狙いで、社員の残業時間も減少傾向にある。

 新入社員には1年間、先輩社員が指導担当として付き、仕事で必要な知識やスキルを伝えている。技術職は入社後半年かけてローテーションで多くの職務を体験してもらい、それぞれの希望や適性に応じて配属先を決めている。社員のやる気や人生に関わるミスマッチをなくしたいと考えている。


■■■


これがわが社の人財活用術だ
qBizが聞きたい7つの質問

 ※動画「仲間になるあなたへの伝言」回答、出演ともに黒田愛美さん

 (1)即内定!ぜひ会社に迎えたい人材とは?

 携帯電話の通信インフラを活用し、独自の技術やアイデアに基づくサービスを提供している。今後も新しいサービスを生み出していくため、独自のアイデアを企画や構想としてまとめ、既存の枠組みにとらわれず前例のない課題に取り組む、発想力とチャレンジ精神がある人に来てほしい。また、自ら複雑な課題に取り組み、論理的に結論に導いた上でステークホルダーを納得させる、説得力とプレゼンテーション能力も必要だと考えている。

 (2)採用活動で一番の悩みは?

 大分県内では徐々に認知度が高まってきたが、学生の認知度はまだ高くないと感じている。認知度アップのため地元大学のプログラムに社員を派遣するなど、大学との連携強化を図っているほか、大分中心だった会社説明会を福岡や東京でも開催している。

 (3)いま会社として一番忙しいことって何ですか?

 主力製品である業務用IP無線機「ボイスパケットトランシーバー」の事業拡大と新たなビジネスへの挑戦を方針に掲げている。関東や関西の大手バス会社に採用されているバス運行管理「バスロケーションシステム」拡販や、タクシー配車アプリ「らくらくタクシー」のプラットフォーム強化、スマートフォン向けIP無線アプリ「iMESH(アイメッシュ)」の開発に力を入れているほか、成長を続けるIoT市場でのビジネスモデルの構築に取り組んでいる。

 (4)10年後、あなたの会社はどうなっている?

 業務用IP無線システムの進化に加え、「バスロケーションシステム」などの新規ビジネスも着実に成長していくと考えている。国内市場だけでなく、米国子会社設立やインド企業への投資など海外市場にも布石を打っており、拡大させていきたい。そのためには、若い社員のイノベーションが必要になると思っている。

 (5)社員の能力開発、スキルアップのために取り組んでいることは?

 新入社員には3年間、フォローアップ研修を実施している。技術職は入社後半年かけてローテーションで多くの職務を体験してもらい、それぞれの希望や適性に応じて配属先を決めている。社員のやる気やその後の人生にかかわるミスマッチをなくしたいと考えている。私たちが提供している製品やサービスは全国各地で利用されており、社員は出張が多い。本社がある大分だけで仕事をするのではなく、出張で国内外のさまざまな現場に足を運ぶことは、刺激的でモチベーションの向上につながり、勉強にもなっているようだ。

 (6)同業他社と比べた場合、あなたの会社の売りは何ですか?

 業務用IP無線システムは、私たちが日本で初めて考案したサービスで、社内には「自分たちでやってきた」という自負がある。私たちの強みは、こうしたオリジナリティーの高い独自技術に加え、「ネットワーク」「通信機器」「ソフトウエア」という三つの領域をカバーする総合力と、システム開発から導入、通信・アプリケーションの提供、保守管理までフルサポートする一貫体制を構築していることだと考えている。

 (7)「働き方改革」やってますか?

 社員の健康を守り、集中して仕事に取り組んでもらえるよう、休暇が取得しやすい環境づくりを進めている。具体的には、1週間連続で休みが取れる「リフレッシュ休暇制度」や「バースデー休暇」、「配偶者出産休暇」などを導入。年末年始は12月27日の創立記念日から最低8連休取得するようにしている。

 こうした会社の取り組みに加え、ここ数年、女性社員が増えてきたこともあり、効率的に仕事をしようという意識が高まっている。残業時間は平均15時間程度と、減少傾向にある。

 ※モバイルクリエイトのホームページはこちら

モバイルクリエイト
 2002年に村井雄司社長が創業。本社大分市。携帯電話の通信網を活用したIP無線機「ボイスパケットトランシーバー」のほか、トラックやバスなどの運行管理システムを提供。タクシー配車アプリも手掛ける。17年12月期の連結売上高は約81億円。グループの従業員459人。7月に子会社の石井工作研究所(大分市)と共同持ち株会社「FIG」を設立する。









最新記事一覧



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事