ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

【更新】グロースネクスト26日再開 福岡市内のシェアオフィス 利用者支援の動き広がる

2018年06月25日 20時09分 更新

記者:福間慎一

 男性が殺害される事件が起きた福岡市中央区の旧大名小学校に入る創業支援施設「福岡グロースネクスト(FGN)」が25日に臨時休館したことを受け、支援の動きが広がっている。市内のシェアオフィスやコワーキングスペースが、次々とFGN利用者へのスペース無償提供を表明。SNSでは「#withFGN」(FGNとともに)のハッシュタグも生まれ、「創業と起業の街」は一体感を強めている。

 追記:FGNは26日に再開すると発表した。入居者は午前9時から、一般は正午から利用できる。

殺人容疑で42歳男を逮捕 福岡県警「ネットで恨み」と供述

◆   ◆   ◆
 FGNには170の企業・個人が入居しており、休館に伴う影響は小さくない。

 まず名乗りを上げたのは、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)が運営するビジネス交流拠点「ダイアゴナル ラン フクオカ」(同市中央区西中洲)。同日昼過ぎに、グロースネクストの入居者や利用予定者を対象に、ワーキングスペースの無料開放を始めた。無料開放は29日まで実施予定で、「働く場所を必要としている人の手助けになれば」としている。

 約60席のほか、小規模なスモールオフィスや金庫を利用した会議室、セミナーやイベント用のスペースも備える。無料開放での利用希望者は受け付けで本人確認資料の提示と、所定の手続きが必要だ。

◆   ◆   ◆

 西日本鉄道(福岡市)とベンチャー支援の団体「Startup Go Go」、金融機関が協力して開設した「天神COLOR(カラー)」はFGNの閉館期間中、FGN利用者を対象に無料で開放する。5席分を確保しており、24時間オープンしているのが特徴だ。フェイスブックのページ(リンクは記事下方)からメッセージを送るなどして利用を申し込む。

 「Startup GoGo」の岸原稔泰代表理事は、痛ましい事件への施設の対応について、「福岡全体で乗り越えたい」と話している。

◆   ◆   ◆

 シェアオフィスを運営するベンチャー企業ゼロテン(福岡市)が運営する「The Company(ザ・カンパニー)」は、キャナルシティ博多前と福岡PARCO(パルコ)にあるシェアオフィスのスペースを無料で開放。FGNの利用者は空いたスペースを活用でき、「できる支援は何でも取り組みたい」としている。

◇福岡グロースネクストのサイトはこちら
◇ダイアゴナル ラン フクオカのサイトはこちら。住所は福岡市中央区西中洲6ー27、親和銀行福岡ビル5階
◇天神COLORの公式Facebookの投稿はこちら。住所は福岡市中央区天神1ー15ー5、天神明治ビル2階
◇ザ・カンパニー(The Company)の公式Facebookの投稿はこちら。住所は福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル 1階・2階と、福岡市中央区天神2ー11ー1 福岡パルコ新館5階










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事