ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

高校生と全年齢、二つのクイズ大会創設 7月10日まで参加募集 日本クイズ協会、16日に予選会

2018年07月02日 12時00分 更新


  • 「ニュース・博識甲子園」と「JQSグランプリシリーズ」のロゴ(日本クイズ協会提供)

 日本クイズ協会(東京)は、高校生と全年齢を対象にした二つの全国規模のクイズ大会を創設し、参加者を募集している。初めての大会の予選会はともに7月16日、福岡、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島の全国7カ所で開かれる。参加の募集締め切りは10日。

 同協会はクイズを通した文化振興や教育への寄与を目的に2016年に設立。高校生対象の大会は「ニュース・博識甲子園」と銘打ち、新聞などから時事問題を出題。参加費は無料で、予選会の上位8校が東京で8月25日に開かれる決勝大会に進出できる。決勝大会の交通費と宿泊費は主催者が負担する。

 年齢や性別を問わず誰でも参加できるのは「JQSグランプリシリーズ」。予選会を経て成績に応じて「トップリーグ」「ミドルリーグ」を選出。9月以降にリーグごとの大会を開き、来年3月にトップリーグ成績上位者による決勝大会を開く。予選会の参加料は1600円。

 日本クイズ協会のホームページから申し込む。「ニュース・博識甲子園」の大会詳細とエントリーはこちらから。JSQグランプリシリーズの大会詳細とエントリーはこちらから。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事