ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

九州の都市再開発

一覧ページへ

天神の新しい顔 高さ96メートル 福ビル街区 再開発 19階、ホテルなど複合型

2018年08月03日 15時00分 更新


  • 西日本鉄道が建て替える福岡ビルと天神コア(手前左)=2月(本社ヘリから)

 福岡市・天神で西日本鉄道(福岡市)が進める福岡ビル、天神コア、天神ビブレの一体的な再開発の計画概要が3日、分かった。天神ビブレを除く福ビルと天神コアを1棟のビルに建て替える。国家戦略特区で認められた建物の高さ制限緩和を活用して高さ約96メートルとし、天神地区で最も高いビルになる見通し。地上19階、地下4階で延べ床面積約10万平方メートル。商業施設やオフィスのほか、ホテルも入る複合型にする計画だ。

 福ビル、天神コア、天神ビブレがある「福ビル街区」は、福岡市が掲げる市中心部の再開発構想「天神ビッグバン」の中核地。再開発ビルは天神の「新しい顔」として注目される。建物の高さや容積率緩和など、天神ビッグバンで福岡市が設けているビル建て替え促進策の期限である2024年までの完成を目指す。

 天神ビブレは地権者との協議が続いており、まとまれば福ビル、天神コア部分の計画と一体的な機能を持つよう再開発する方針だ。

 福ビル街区を含む天神地区は、航空法に基づき建物の高さが制限され、既存ビルは高さ60〜70メートル以下に抑えられていた。国家戦略特区の特例で17年9月に緩和され、福ビル街区は高さ上限が94〜100メートルとなった。

 現在の福ビルは高さ55メートルで地上11階、地下3階、延べ床面積約4万3千平方メートル。天神コアは高さ50メートルで地上8階、地下3階、延べ床面積約2万4千平方メートル。

 西鉄は福ビル街区再開発について、18年度中にスケジュールを固める方針を示していた。 (天神再開発取材班)

■天神ビッグバン 福岡市・天神地区の老朽化した民間ビル30棟の建て替えを、国による建物の高さ上限緩和と市独自の容積率緩和を組み合わせて促進していく再開発事業。2024年末を期限とし、ビルは最大高さ約115メートル(地上26階建て相当)、容積率は最大1400%まで認める。市は九州、アジアから天神地区に人、企業を呼び込み、経済効果と新規雇用を生み出したい考え。









九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事