ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

九州の都市再開発

一覧ページへ

天神96メートルビル24年春開業 福ビル街区、西鉄が再開発 コア、ビブレと一体

2018年08月04日 03時00分 更新


  • 天神交差点から見た建て替え後の建物外観イメージ(周辺の建物はイメージ)



  • 福ビル街区の再開発計画概要について説明する西日本鉄道の倉富純男社長(左)と田川真司まちづくり推進本部副本部長=3日午後、福岡市中央区

 西日本鉄道(福岡市)は3日、福岡市・天神の福岡ビル、天神コア、天神ビブレの3棟を1棟の複合ビルに建て替える再開発の計画概要を発表した。新しいビルは地上19階(高さ約96メートル)地下4階で、商業施設やオフィス、ホテルが入居する。国家戦略特区で認められた建物の高さ制限緩和を活用し、天神地区で最も高いビルになる見通しだ。

 新ビルは2024年春に開業。地下2階〜地上4階は商業ゾーンで、地場を含む飲食店や服飾店などが出店する。地上5、6階はホテルのロビーや会議場などを配置し、渡辺通りや明治通りが一望できる。8〜17階はオフィスで、外資系企業や地場ベンチャー企業の入居を目指す。18、19階はホテル(客室数約50室)になる。事業費は400億円超の見込み。

 福ビル、天神コア、天神ビブレがある「福ビル街区」は福岡市中心部の再開発事業「天神ビッグバン」の中核。西鉄は19年3月末に福ビル、20年3月末に天神コアを閉館する計画で、地権者との協議が続いているビブレに先んじて解体作業に入り、24年春に第1期分として新ビルを開業する。

 ビブレも地権者と合意次第解体、建設に着手。24年春の開業に間に合わない場合は、その部分のみ遅れて開業する。

 新ビルは第1期分が敷地面積6200平方メートル、延べ床面積約10万平方メートル。ビブレ部分も開業した後は、敷地面積約8600平方メートル、延べ床面積約13万6千平方メートルに拡大する。

 福ビル街区を含む天神地区は航空法に基づき建物の高さは60〜70メートル以下に抑えられていたが、17年9月、国家戦略特区の特例で、福ビル街区は、94〜100メートルに緩和された。

 3日、福岡市で会見した西鉄の倉富純男社長は「この再開発は、天神がアジアの拠点都市として輝けるかの正念場。その中でわれわれも活躍していきたい」と意気込みを表明。同席した高島宗一郎市長も「九州、アジアの交差点として輝き続けてくれる素晴らしいビルになると思う」と話した。倉富氏はまた、20年3月末で閉館する天神コアについて「地域の方にとっても思い出の場所。ブランドはぜひ残したい」と述べた。 (下村ゆかり)

   ◇   ◇

「多様性に満ちた施設に」 西鉄・倉富社長ら一問一答   

 福岡市・天神の福岡ビル、天神コア、天神ビブレがある「福ビル街区」の再開発事業の第1期計画について西日本鉄道が3日、概要を発表した。倉富純男社長と田川真司まちづくり推進本部副本部長は記者会見で「多くの人が行き交う、多様性に満ちた複合施設にする」などと意欲を示した。主なやりとりは次の通り。 (石田剛)

 −新しいビルのデザインをどう評価するか。

 倉富氏「福岡が次のステージに入るきっかけにふさわしい、未来を象徴するようなデザインになっているのではないか。デザインだけでなく、内容や機能もふさわしくなっていくと期待している」

 −福岡ビルと天神コア部分を第1期、天神ビブレ部分を第2期と分けたのは。

 倉富氏「天神ビッグバンという大きなプロジェクトが動いているチャンスを受け止めることが大切。ビブレと一緒にやるに越したことはないが、少なくとも福岡ビルと天神コアが一緒にやれるということでスピーディーにやっていく。ビブレも一体的に開発できるように努力していく」

 −西鉄の本社は新しいビルに戻るのか。

 倉富氏「西日本鉄道は天神と共に歩んできた。当然、天神には戻ってきたいと考えている」

 −商業施設の核店舗は。

 田川氏「決定していない。できるだけバラエティーに富んだ店を入れる。コト消費に対応した体験型や、福岡の特徴である食に関しても、サラリーマンから買い物客、インバウンド(訪日外国人客)まで利用してもらえる店を想定している」

 −福ビル街区の再開発は天神再開発でどのような意味を持つと考えるか。

 倉富氏「天神という大きな面で考える必要がある。商業で天神全体に欠けている機能や、天神全体の業務機能を強化するという視点でのオフィス機能などがあるべきだと思う。そういう俯瞰(ふかん)した意味を持つプロジェクトになると思う」










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事