ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

「ヤギさん」台風 北上中 SNS「かわいい」 気象台「用心を」

2018年08月10日 14時07分 更新

記者:古川努

 九州の南海上を「ヤギ」が北上している−。といっても実はこれ、フィリピン沖で発生した台風14号のこと。命名は日本。会員制交流サイト(SNS)で「名前がかわいい」「ヤギさん、どこ行くの」と話題を呼んでいる。

 気象庁によると、台風の名称は長年、米国が「ジェーン」「キャサリン」など女性の名前を付けていたが、2000年からは日本を含むアジア・太平洋14カ国・地域の「台風委員会」が選定したものが順番に使われるようになった。

 名称は全部で140個。1番目はカンボジアでゾウを意味する「ダムレイ」。140番目の「サオラー」(ベトナムのウシ科の動物)まで行くと1番目に戻る。ちなみに今年は孫悟空(台風11号「ウーコン」)が登場。日本に立ち寄ることなく北上し、北海道の東で温帯低気圧になった。

 日本も10個の“名付け親”になっている。いずれも星座にちなんでおり、ヤギは19番目、「ウサギ」(33番目)、「コグマ」(89番目)、「ハト」(131番目)など、かわいらしい名前が多い。

 福岡管区気象台によると、台風14号は11日ごろ沖縄本島に接近し、14日には対馬海峡や朝鮮半島に近づく見通し。気象台は「かわいい名前でも台風は怖い。早めの用心を」と呼び掛けている。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事