ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

記者コラム

一覧ページへ

「耕作放棄地でビアガーデン」をやる意義

2018年08月14日 03時00分 更新

記者:西山忠宏


  • 御笠まちづくり協議会が開いた「耕作放棄地でビアガーデン」。猛暑だったが、200人近くが訪れた(撮影・西山忠宏)

  • 西山忠宏(にしやま・ただひろ)
    1965年生まれ。福岡市で育つ。89年に西日本新聞社に入社。北九州支社、若松支局、社会部、東京支社、経済部、医療担当編集委員などを経て、2016年9月から経済部の農林水産業担当編集委員。

 耕作放棄地を再生させた畑で黒枝豆を栽培する。それをつまみに現地にテントを張ってビアガーデンを開く−。なんともユニークな取り組みが8月11日に実現した。

 福岡県筑紫野市 ...










コラム qBizコラムの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事