ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

中村修治の深夜の経済学

一覧ページへ

サザエさんより、ちびまる子ちゃん派。

2018年08月30日 18時00分 更新

記者:中村修治氏


  • 中村修治氏(なかむら・しゅうじ) キナックスホールディングスとペーパーカンパニーの代表取締役社長。1986年、立命館大卒。94年、福岡で独立。大手広告代理店のブレーンにもなる戦略プランナー。Good不動産やJR博多シティのネーミングなども手掛けた。企業顧問や福岡大非常勤講師も。ネット上でコラムを書くと数万のアクセスを荒稼ぎ。フェイスブックでは、毎月15000いいね以上を獲得。



西日本新聞紙上では絶対にできない!

ネットメディアだから読める良質の経済マーケット分析コラム!

お悩み相談でも爆走する中村修治が担当します。

中洲好きのサラリーマンも、

中洲好きの旦那を持つ人妻さんも、

これは、必読でございますよ。


■■■


 あまりに早い。さくらももこさんの訃報が流れた。まだ53歳。ワタシより若いではないか!?追悼の意味を込めて、書かせていただく。ワタシは、サザエさんより、断然「ちびまる子ちゃん」派である。


 アニメの放映は、1990年1月スタート。


 ワタシが結婚したのは、1990年2月。ワタシの結婚生活は、ちびまる子ちゃんと共に始まった。新婚時代のカミさんが「おどるポンポコリン」のCDを買ってきた夜のことを、未だに、覚えている。地位も名誉もお金もなくて、不安だらけだったが、タッタタラリラー♪には癒された。なんでもかんでもみんな踊りを踊っているよ♪平成のバブル全盛期の、良い思い出である。






コラム 寄稿コラムの最新記事

そもそもqbizとは?

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事