ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

100歳以上6万9785人、過去最多更新 2014人増 厚労省発表

2018年09月15日 03時00分 更新



  • 高島宗一郎市長(左)と談笑する田中カ子さん=14日午前、福岡市東区

 敬老の日(今年は17日)を前に、厚生労働省は14日、全国の100歳以上の高齢者が過去最多の6万9785人に上り、48年連続で増加したと発表した。前年より2014人多く、女性が88%を占めた。

 敬老の日の変更に伴い、「老人の日」とされた15日に100歳以上になっている人数を、1日現在の住民基本台帳を基に集計。女性は1875人増の6万1454人、男性は139人増の8331人。

 国内最高齢は女性。福岡市に住む田中カ子(かね)さんで、1903(明治36)年1月生まれの115歳。男性最高齢は北海道の野中正造さんで1905(明治38)年7月生まれの113歳。ギネスワールドレコーズ社は4月、野中さんを世界最高齢男性と認定している。

 100歳以上の最多は東京の5973人。神奈川3877人、大阪3537人と続いた。九州最多は福岡の3071人で全国5位だった。

 人口10万人当たりの100歳以上の高齢者数は全国が55・08人。例年と同じく西日本に長寿県が多く、6年連続最多となる島根(101・02人)が初めて100人を超えた。鳥取(97・88人)、高知(96・50人)、鹿児島(95・76人)と続き、宮崎(83・65人)も7位に入った。最少は埼玉(32・90人)で、愛知(36・78人)、千葉(39・34人)の順に少なかった。

 100歳以上の高齢者は、調査を始めた63年の153人から徐々に増え、98年に1万人を、2012年に5万人を超えた。平均寿命(17年)は女性が87・26歳、男性が81・09歳。 (森井徹)

   ◇   ◇

国内最高齢 福岡市の115歳田中さん 市長に「人生楽しい、最高」

 17日の「敬老の日」を前に、福岡市の高島宗一郎市長が14日、115歳で国内最高齢者の田中カ子さんが暮らす同市東区の有料老人ホームを訪ね、花などを贈り長寿を祝った。

 親族や施設によると、田中さんは1903(明治36)年、旧和白村(現・同市東区)の生まれ。同区内で夫とともに米店を営む働き者だった。好奇心旺盛で負けず嫌い。「(長寿)世界一を目指す」と話し、手押し車を使い自分で施設内を歩いたり、眼鏡を使わずに新聞を読んだりできるという。

 この日、田中さんは高島市長に対し、「市長さんはどこ(にいるの)」と尋ね、市長を含む周囲を大笑いさせた。その後、「農家に生まれた9人きょうだいの7番目で楽しかった」「オセロが好き」などと自己紹介。楽しいことは何かと市長に聞かれ「(みんなに囲まれた)こんな人生が楽しい。最高」と返した。「1年か2年か、3年でも、もう少し生きたい」と笑顔で語った。 (三重野諭)










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事