ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

科学の楽しさ体感 サイエンスモール開幕 飯塚市

2018年09月16日 03時00分 更新

記者:丸田みずほ


  • ストローを吹いて瓶の中にシャボン玉をつくり、「六角形のシャボン玉」を探す子どもたち

 子どもたちに科学の楽しさを伝える「サイエンスモールin飯塚2018」が15日、飯塚市のイイヅカコミュニティセンターで始まった。同市立図書館や近畿大産業理工学部、西日本新聞社などでつくる実行委員会の主催。初日は絵本の読み聞かせと理科の実験を組み合わせた「理科読」や大学の研究者らの講演があった。

 理科読は、福岡大の研究者と同市内で絵本の読み聞かせを行うボランティアが企画。公園や音楽室などで丸や三角、四角の形をしたものを探す絵本を読み、カップに敷き詰めて上から押さえたマシュマロが変形して六角形になったり、複数のシャボン玉がくっついて六角形になったりする実験を楽しんだ。

 小中一貫校飯塚鎮西小5年女子(10)は「丸いシャボン玉が六角形になったのでびっくりした」と話した。

 最終日の16日は筑豊地区を中心とした大学や高校、企業など37団体がブースを構える「科学広場」(午前10時〜午後4時)などがある。問い合わせは飯塚市立図書館=0948(22)5552。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事