ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

デスクコラム

一覧ページへ

「背伸びしない」からこその魅力 だざいふ遊園地よ、永遠なれ

2018年10月07日 03時00分 更新

記者:福間慎一

「だざいふ遊園地」動画・画像特集

天満宮入り口→だざいふ園正門(タイムラプス)、梅の木の枝葉から現れるゲート

ゲートをくぐると、自然に囲まれた敷地に遊具がたくさん

山に挟まれた遊園地。開園当時から月日がたち、木々がかなり大きく育ったという

園内マップ

”還暦”を迎えた弁慶号

弁慶号の線路にある小さな鉄橋。スタッフが心を込めて整備した

開園直前の1957年10月11日付朝刊1面下の広告。当時の入園料は大人20円、子ども10円だった

九州初だったジェットコースター(1961年2月撮影)

西日本豪雨で土砂が一部に流入した「バズーカ砲」。現在は休止している

懐かしさを禁じ得ない、動物の電動乗り物

うわさのメリーゴーラウンド。見覚えはありませんか

園内の「あそばな館」では、写真パネルや資料を展示した「昭和懐かしの遊園地展」が開かれている

優しい雰囲気に包まれた遊園地。また来ます

天満宮境内の厳かな雰囲気から一転、子どもたちを「アゲる」だざいふ遊園地の入場門
入場門の左側にたたずむ「じゃじゃ丸」に駆け寄る子ども
最も人気なのはトレインコースター。遊園地は両側を山に囲まれた丘陵地にある
遊園地のはずれにある、1952年の児童遊園記念碑を案内する今村光江さん(左)と益田啓一郎さん(左から2番目)
(本社資料から)1952年8月に撮影された児童遊園。だざいふ遊園地の原点だ
開業当時から走る唯一の遊具、子ども汽車の「弁慶号」
電動の遊具が並ぶコーナー。「ワニワニパニック2」は一番奥で稼働を続けている
本社資料から)九州初登場した、だざいふえんのゴーカート=1963年7月撮影
今年5月末に登場したメリーゴーラウンド。この姿に見覚えがある人も少なくないはず…!
福間慎一(ふくま・しんいち)<br />
福岡市生まれ、2001年入社。文化部、長崎総局、本社報道センターなどで記者。1年間のヤフー出向を経て17年9月からqBiz編集長。特技は居酒屋のメニューを指1本でくるくる回すこと。









コラム qBizコラムの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事