ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

JR九州住宅の社員が書類偽造 住宅ローン水増し申請

2018年10月11日 03時00分 更新

記者:下村ゆかり


  • 記者会見で謝罪するJR九州の田中龍治専務(左)とJR九州住宅の島野英明社長=10日、福岡市

 JR九州は10日、子会社で住宅を建設、販売するJR九州住宅(福岡市)の営業担当者が、金融機関に提出する書類を偽造し、住宅ローンで過剰な融資を引き出したと発表した。

 不正な融資が発覚したのは、JR九州住宅が福岡県で建設販売した一戸建て住宅1件。昨年10月に金融機関に提出した契約書で、工事請負金額を本来の2300万円から3千万円に水増ししていた。契約者はその書類で融資を受け、住宅を購入したが、今年9月末、金融機関から「建物が高額すぎるのでは」と同社に指摘があり、偽装が発覚。島野英明社長が営業担当者に確認したところ、自身が金額の水増しを提案し、偽造書類を提出したことを認めたという。動機や目的などは分かっていない。

 JR九州は同日、事実関係の詳細を調べるため、第三者委員会を設置した。弁護士や公認会計士など3人で構成し、12日から偽造の経緯や組織的関与の有無などを調べる。同社は調査結果を踏まえて、処分などを決定するという。

 JR九州の田中龍治専務は「多大なるご迷惑をおかけして申し訳ない。反省し、社員教育を見直したい」と話した。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事