ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

福岡に世界初「ハリポタ」「ファンタビ」カフェ 魔法の世界を再現しオープン

2018年11月09日 12時37分 更新

記者:石田剛


  • 最新作のポスターや主人公・ニュートの人形が飾られている「魔法カフェ」の入り口

  • 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」出演者によるサインも展示されている

  • そのかわいらしさからファンも多いニフラーの縫いぐるみも

 人気映画シリーズ「ハリー・ポッター」と「ファンタスティック・ビースト」の世界観を再現した「魔法ワールドカフェ」が9日、福岡市博多区のキャナルシティ博多にオープンした。

 「ハリポタ」「ファンタビ」の公式カフェは世界初で、福岡と東京・新宿の2カ所で同時開業。新作映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が今月23日から公開されるのに合わせ、タイトーがワーナーブラザーズジャパンと提携して企画した。

 物販、カフェ、映像の三つのゾーンで構成。店に入ると最初は物販ゾーンで、映画に登場する魔法動物のぬいぐるみや原寸大の「魔法の杖」レプリカなど公式グッズがずらり。缶バッジやアクリル製の人形など、魔法カフェ限定のグッズ10種類も。壁には「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」出演者たちの直筆サインが展示されているが、これは非売品。

 カフェの壁にはおなじみのホグワーツの風景が描かれ、「黒カレーライスプレート」や、キャラクターが描かれたクッキーが添えられたパンケーキなどを提供する。

 映像エリアの9席は食事とセットで、完全予約制(2500円)。壁の3面がスクリーンになっており、劇中の光景を再現した映像を投影。映画の世界の中に入り込んだような感覚で食事が楽しめる。

 店は来年1月末までの期間限定。タイトーの石井光一会長は「世界中の人が驚き、感激して楽しんでいただけるようなコンテンツを展開していきたい」と語った。

<次ページは画像:店内の様子など>











九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事