ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

九州新幹線内で不審者確保訓練 JR九州

2018年11月16日 14時13分 更新

記者:平峰麻由


  • 九州新幹線の車両内であった訓練で、刃物を持つ不審者を取り押さえる警察官=16日午前0時20分ごろ、JR久留米駅

 JR九州は16日、九州新幹線久留米駅(福岡県久留米市)で、車両を使った不審者の取り押さえ訓練を行った。東海道新幹線で6月に乗客3人が刃物で殺傷される事件が発生し、山陽新幹線では9月に乗客が刃物を持ち込む騒ぎがあり、有事への対応を確認した。

 社員や警察、消防から計約200人が参加した訓練は「乗客が刃物を持っている」との想定。午前0時15分ごろ、訓練用の臨時新幹線が駅に到着すると、通報を受けてホームに待機していた警察官が乗り込み不審者を取り押さえた。車掌は座席の座面を取り外し、不審者をけん制した。

 JR九州は車内の防犯対策として防護盾や防犯スプレーを順次配備する予定。鉄道事業本部の古宮洋二本部長は「いろんな事態を想定して訓練を重ねたい」と話した。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事