ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

大分・豊後高田の食材ふんだん手づくりおせち販売 福岡市の岩田屋本店などで

2018年12月11日 03時00分 更新

記者:吉川文敬


  • 「豊後セット」(左)と「昭和セット」

  • 手づくり万菜おせち「豊後セット」の盛りつけ例

 大分県豊後高田市産の食材をふんだんに使った「手づくり万菜おせち」3種類の限定販売が始まった。地元食材のうま味を引き出した手づくりで、華やかな見た目とやさしい味わいが特長。申し込みは17日まで。

 山海の食材の魅力をPRして1次産業振興につなげようと、生産者の女性たちでつくる「市農漁村女性集団連絡協議会」が5年前に開発し、販売を始めた。毎年改良を重ね、人気となっている。

 今回は真玉海岸産マテガイで「マテ貝と筍(たけのこ)の佃煮(つくだに)」▽地元産米で飼育した牛肉を使った「豊後米仕上げ牛ごぼう巻き」▽縁起の良い食材とされる田染荘(たしぶのしょう)産マコモダケを使った「マコモダケのきんぴら」など、地場産にこだわった知恵と工夫の料理がそろう。

 常温で保存できるよう、一品ずつ真空包装。到着後1週間程度は持つという。同協議会の和泉やす子会長(69)は「刺し身、伊勢エビ、数の子などおせちの定番を入れると地元産ではなくなるのであえて外している。限られた食材の中で、帰省した若者からお年寄りまで世代を問わず食べてもらえるよう頑張った」と話す。市内で11月26日にあったお披露目試食会で、佐々木敏夫市長は「味付けが絶妙。多くの人に味わってほしい」と満足げだった。

 20品の「豊後セット」が1万6740円(税・送料込み)、16品の「昭和セット」が1万1340円(同)で、岩田屋本店(福岡市)などで購入可能。同協議会=0978(25)4705。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事